2014-2015シーズン、スキー滑走24日目

行程2日目のホテル出発時の気温マイナス1℃。
a0293308_6274122.jpg

a0293308_6281766.jpg

雲一つない快晴で整備されコンディションは最高。
a0293308_628571.jpg

標高1600メートルのスキー場山頂から遠く雲海が広がる素晴らしい景色が見えました。
(カメラでは限界が…)
a0293308_6291957.jpg



渡辺蘭氏によると今日も暖かいらしい。
a0293308_629567.jpg

a0293308_6301496.jpg

a0293308_6303170.jpg

a0293308_6304754.jpg

昨日黄砂の影響があったので滑走面についた黄砂や汚れを落としてホットワックスを掛け直しました。
手順は同じなのでO女史のボードもまとめて実施。
後で、その話をするとY女史とM若旦那に羨ましがれ・・・

当初はシーズン券を持っているスキー場の予定でしたが、Y女史のリクエストで昨日と同じT高原スキー場にしました。

また、Y女史が8時半にスキー場到着との事で合わせて合流し滑ります。
a0293308_63228.jpg

中々、Y先生のレッスンでは出来ないリラックススキーです!


Y女史とお互いの滑りのチェックと撮影をしました。
私の滑りをY女史に撮影してもらいました。
a0293308_632398.jpg

a0293308_6325645.jpg

a0293308_6331685.jpg

a0293308_6333315.jpg

a0293308_6362840.jpg


すぐに合流してくれたM若旦那です。
さすが地元で今日も黄砂の影響がありましたが軽快かつダイナミックな滑りです。
a0293308_6355277.jpg


O女史も安定した滑りで合流してくれました。
a0293308_637282.jpg


たまには、みんなで集合写真。
(左からY女史、私、O女史、M若旦那)
a0293308_637289.jpg


日中はヘリスキーの運航にヘリが頻繁に山頂へ上がっていった。
a0293308_637496.jpg

a0293308_638867.jpg

a0293308_6382672.jpg

a0293308_6384676.jpg

a0293308_639445.jpg

a0293308_6393739.jpg

a0293308_6395822.jpg


ランチタイムはいつもの場所で大将に会いました。
みんなで話していると…
『きっとH先生がいたらビールかっ飛ばしているだろう』と言う話になり1月に満面の笑みで飲んでいる証拠写真を見せておきました!
みんなH先生が仕事の調整をつけて来れるのを待ってますよ(笑)
(1月の証拠写真)
a0293308_646037.jpg


ディナーは、
ブルゴーニュ、ドメーヌ・ジャニアール・マルセル
モレ・サンドニ・プルミエ・クリュ2002
a0293308_6403948.jpg

このワインはヴァンサン・ジャニアールの父マルセルの作品。

特級畑に匹敵するようなものは無いが陰で森のを連想させる。

モレ・サンドニ村らしい陰なイメージからジワジワと旨味が出て繊細で優雅な余韻のあるワインとして出色の出来。
a0293308_6411081.jpg

素晴らしいワイン。
a0293308_6413145.jpg

a0293308_6414830.jpg

a0293308_642526.jpg

a0293308_6422437.jpg

a0293308_6424455.jpg

a0293308_643795.jpg

a0293308_6432474.jpg


最終日はY女史とシーズン券のあるスキー場です。
[PR]
by urochiiko | 2015-03-18 06:25 | 日記


<< 2014-2015シーズン、ス... 2014-2015シーズン、ス... >>