クラウディ・ベイ ピノ・ノワール2012

ちょっと、企画がありまして久し振りに飲んでみました。

いったい、クラウディ・ベイを飲んだのはいつ振りだろうか?

軽く10年以上経っている。
クラウディ・ベイはフランスの大手シャンパーニュメゾン、ヴーヴクリコ社とオーストラリアのケープ・マンテル社が1985年に設立しニュージーランドで共同経営をしているワイナリー。
ワインの味わいは、完熟に由来する旨味が出ていて酸は控え目。

良くも悪くも、カリフォルニアのピノ・ノワールのよう。

ニューワールドで安定した酒質を求めるならクラウディ・ベイ。

購入金額が¥3500を考えると、他の選択が沢山あるから微妙な位置にある。

ソーヴィニヨン・ブランは過去の負のイメージ(アンモニア臭い)ものを払拭し、新世代のクリーンでキリッと締まったミネラリーなソーヴィニヨン・ブランを産出したワイナリーとしても有名。
ソーヴィニヨン・ブランが好きな方にはソーヴィニヨン・ブランを是非試してほしい。

a0293308_1916357.jpg


(気分良く酔いが回っても作りました・・・)
a0293308_19164962.jpg


そして、昨日の渡辺蘭氏は『今日から寒気が入る』とレポートしていました。
a0293308_19142377.jpg
a0293308_19144926.jpg
a0293308_19151777.jpg
a0293308_19164052.jpg
a0293308_1917353.jpg
a0293308_191750100.jpg
a0293308_19182850.jpg

[PR]
by urochiiko | 2015-03-10 05:23 | 日記


<< フィリップ・シャルロパンのワイ... ゴーダチーズ gouda ch... >>