シャトー・シトラン2003を飲みました。

昨晩はH先生なんのワインを飲んだのでしょうか?(^_^)

シャトー・シトランを飲みました。


色合いはボルドーらしく、やや濃い目の熟成した色合い。

香りはフレッシュ感はないが、カベルネ・ソーヴィニヨンがもつ芳醇さとインクのような香りがある。


では飲んでみる。
ワインはとても落ち着いていて、熟成した旨味があります。
一般的に2003年のボルドーは猛暑で葡萄の出来が生産者によってバラツキがあると言われるが、シャトー・シトランについては猛暑からくる『単調な濃厚感』は無く、シトランが以前から持っているコンパクトなスタイルでエレガントかつ飲みやすく複雑さがあります。

シャトー・シトラン2003は味わいの要素がこれ以上に変化する事はないが、まだ熟成は可能。
販売店の価格は¥3000程度。
a0293308_710155.jpg

[PR]
# by urochiiko | 2015-12-27 05:08 | 日記

山内乃理子女史②

昨日は長く体力を使う一日でした。
時間はいつものH先生並み14時間を超えましたが、何より体力的に疲れました。
この業界では仕方ありません。
その分は年明けのスキーでリフレッシュします!

さて、今回も詳細コメントなし(笑)
三児の母と仕事の両立!
人生は色々ですが、素敵です。
a0293308_17281533.jpg
a0293308_17282379.jpg
a0293308_1728316.jpg
a0293308_17284085.jpg
a0293308_17285136.jpg
a0293308_1729442.jpg

[PR]
# by urochiiko | 2015-12-26 05:26 | 日記

ルイ・ラトィール ブルゴーニュ・ピノ・ノワール2012

昨日無事にワインが到着しました。
仕事の関係上、年内の休みは昨日を含めて2回。
細かなことを終わらせようにも、中にはあきらめが肝心だったりします。
とはいえ、思い付きでスマートフォンを機種変更もしました(^_^)
忙しい時は、ガチガチにならず余裕も必要だったりします。

さでワインネタ。
このブログで何度か紹介しています。

このルイ・ラトゥールのブルゴーニュ・ピノ・ノワール2012は本当に良くできて果実、酸、渋味のバランスが絶妙です。

大手メゾンの強みを生かしたもの。

販売店の価格も税込でギリギリ¥2000を下回るのが、よりオススメ。
a0293308_17411885.jpg

[PR]
# by urochiiko | 2015-12-25 05:20 | 日記

オークセイ・デュレス・クロ・デュ・ムーラン・オー・モワーヌ2001

風邪がほぼ治りました。
仕事が忙しくなるタイミングで何とか周りに迷惑をかけずにすみました(笑)
昨日は数日振りのワインがあまりに美味しく、本日掲載のワインの前にカヴァも開けててます!

ドメーヌ・デュ・ムーラン・オー・モワーヌ
オークセイ・デュレス・クロ・デュ・ムーラン・オー・モワーヌ2001

10年以上の熟成を経て、綺麗に熟成している。
ヴィラージュクラスだから、過度な期待は出来ないがとても良くできている。

お気に入りのワイン。
a0293308_1740993.jpg

[PR]
# by urochiiko | 2015-12-24 05:30 | 日記

ニッサン2016年WEC&ルマン参戦せず。 ドメーヌ・アルバン・ロブラン2012

風邪も復調して来ました。
年始にはスキー計画もありますから、このまま回復出来るよう心掛けます。

本日、日産自動車より、プレスリリースがあり2016年のWEC&ルマン参戦をしないと発表がありました。
このブログでは星野一義氏の思い出の中にニッサンのルマン参戦と夢見る優勝への記事を書いています。
また、2015年のWEC&ルマン参戦の車両、ニッサンGT-R LMニスモのFF車体レイアウトについて大きく疑問があることも書きました。
今回のプレスリリースでは、現在の車両で戦う事が出来ないと書かれていますが、変わる車両や次期の参戦については明言がありません。
私はニッサンがルマンに初めて参戦する時から応援していましたので残念な反面、まともに戦う事が出来ない車両でワークス参戦を続けて欲しくないとも思っており、少し前にGT-R LMニスモのテストが行われていた結果について関心がありました。
今回の判断と結果は、経営側として良かったと思います。
そして、次に参戦する時は必ずや優勝出来る体制作りで車両の開発をしてほしいものです。
そこには、ニスモの存在が出てくる体制を望みます。
ニスモでは車体を一から作れませんがレースマネージメントなどニッサンの中では貴重な存在です。

しかし、今更ながら何の根拠をもってFFレイアウトを採用したのか?全く理解出来ません。
これは車体レイアウトの問題以前にWEC耐久レースでFF用のタイヤが存在しない時点でタイヤはある程度流用品しか使えないわけです。
世界最高峰の技術をアウディやポルシェが競いあっている中に流用品で勝てるほど甘くありません。
他にも色々ありますが、分かりやすく書けばこの時点でご理解頂けるでしょう。


久し振りにサンセールを飲みました。
ソーヴィニヨン・ブラン100%で作られるサンセール。

このアルバン・ロブランはミネラリーでシャープなスタイルだがバランスがとれている。


価格以上の価値があります。

a0293308_1733122.jpg
いよいよ明日ワインが到着します(笑)
ロマネ・サンヴィヴァンを注文したショップ、クレマンド・ブルゴーニュを注文したショップ、カリピノを注文したショップと3つのショップから到着します!

[PR]
# by urochiiko | 2015-12-23 04:30 | 日記