<   2015年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

初卵

初卵(ういらん)を戴きました。

初卵とはその名の如く『初めて産んだ卵』。
製造メーカーの商品名は新玉(しんぎょく)

大きさは通常の7割くらいの大きさで殻は通常より固い。
そして、初めて産むまでに栄養を蓄えているとされ栄養があり長寿祈願とされているもの。
a0293308_1972550.jpg


アジサイの色付きも良くなって来ました。
a0293308_19115445.jpg


そして、最近の渡辺蘭氏!
a0293308_1982564.jpg
a0293308_1983761.jpg
a0293308_1984989.jpg
a0293308_199531.jpg
a0293308_199199.jpg
a0293308_1993072.jpg
a0293308_1994564.jpg
a0293308_1910382.jpg
a0293308_19103471.jpg
a0293308_19104492.jpg
a0293308_19105611.jpg
a0293308_1911866.jpg

[PR]
by urochiiko | 2015-05-31 05:03 | 日記

ブリューノ・コランのワインで悠久の時を飲む。

ブリューノ・コランが作るシャサーニュ・モンラッシェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ2010を飲みました。
a0293308_18571187.jpg

シャサーニュ・モンラッシェ村は白ワインが有名だが赤ワインも生産者によって良いワインがある。

ブリューノ・コランもその1人。

このワインはヴィエイユ・ヴィーニュ。
詳細な資料がないが、飲んでみるとヴィエイユ・ヴィーニュ(古木から収穫したの意)らしい、悠久の時を感じる。

シャサーニュ・モンラッシェの赤ワインで悠久の時を感じる事が出来たのは初めてだ。

この何とも言えぬ奥行きの深さに、心を動かされる。
a0293308_18563833.jpg

a0293308_1857447.jpg


今朝の富士山です。
昨日の雨で上空の塵も少なくなり、綺麗に撮れました!
a0293308_7142234.jpg
a0293308_7144578.jpg

[PR]
by urochiiko | 2015-05-30 05:22 | 日記

フィリップ・コラン シャサーニュ・モンラッシェ・レ・シェーヌ2011が到着

コランと言う名は、この地に何人もいるが、総じて造り出されるワインのレベルは高い。

今回はフィリップ・コランのシャサーニュ・モンラッシェ・レ・シェーヌ。
ヴィラージュクラスだが区画名が入ったもの。

シャサーニュ・モンラッシェ村は白ワインが有名だが赤ワインでも出色のものがある。

但し、シャサーニュ・モンラッシェ村の赤ワイン(ピノ・ノワール)は熟成させても花開くイメージは無い。


先日飲んだブリューノ・コランが作ったものは素晴らしい出来だった。(明日アップします)

果してフィリップ・コランの出来は如何に?
a0293308_1932818.jpg

[PR]
by urochiiko | 2015-05-29 05:08 | 日記

ドメーヌ・シモン・ビーズ サヴィニ・レ・ボーヌ 1er レ・マルコネ2010が到着

最近ブログアクセスでシモン・ビーズの記事が連日100件以上ありました。
どうやらBS放送で番組放送があったようです。

シモン・ビーズの当主パトリックは2013年車を運転中に心臓発作で亡くなった。

この、サヴィニレ・ボーヌ・レ・マルコネはパトリックの遺作になる。

ドメーヌ・シモン・ビーズのワインは艶やかでシルキーなワイン。

きっとこのワインもそのポリシーを出してくれるだろう。


また、このワインを購入した店舗でルモワスネ社のサヴィニレ・ボーヌ・レ・マルコネ1982が入荷した。
ルモワスネ社は誰が作ったものかは明かさないが同じ区画の新旧ワインを楽しもうと購入を検討した。


しかし現在、400本ある在庫で2台あるセラーには64本しか入らず溢れているから購入を断念。
a0293308_8144299.jpg

[PR]
by urochiiko | 2015-05-28 12:30 | 日記

涼味が欲しくなる

今年は4月以降5月も暑い日が続き涼味が欲しくなる。

生うどんを入手して作りました!
a0293308_1981685.jpg

[PR]
by urochiiko | 2015-05-27 05:37 | 日記

朝から海に行こう!

前日にワイン1本半飲んだが、渡辺蘭氏の天気予報を見ると…
a0293308_1844297.jpg

a0293308_1845742.jpg

a0293308_18451959.jpg

a0293308_18453354.jpg

a0293308_18461962.jpg

a0293308_1846345.jpg

朝は晴れ、午後は曇りで夜は雨の可能性と言うことで朝から自転車を走らせました。
a0293308_1847476.jpg

まずは、いつもの富士山を撮るスポットへ。
a0293308_18471261.jpg

a0293308_18472583.jpg

a0293308_18473567.jpg

海岸通りに出ると、ウォーキングをする方やジョギングをする方がいます。
a0293308_1848866.jpg

a0293308_18491890.jpg

a0293308_18493156.jpg


海は地元の漁港から漁に出ていました。
a0293308_18495323.jpg

a0293308_1850789.jpg

a0293308_18502142.jpg

a0293308_18503271.jpg

a0293308_18505129.jpg

目的地に近くなると散歩をしている方、サーフボードを積んで海に向かっている方。
また、薄っすらではありますが海越しに富士山が見えました。
a0293308_185127.jpg

a0293308_1852579.jpg

a0293308_1852234.jpg

a0293308_18524266.jpg

a0293308_18531822.jpg

a0293308_18535681.jpg

海岸では海の家を建てる準備が始まっていました。
a0293308_18541950.jpg

a0293308_18545821.jpg

a0293308_18551337.jpg

a0293308_18552975.jpg

a0293308_18555710.jpg

早くも富士山は霞んできていた。
a0293308_18562088.jpg

a0293308_18573644.jpg

自衛隊の車両と航空機が飛んでいました。
a0293308_18565784.jpg

a0293308_18571028.jpg


所用で出掛ける前に帰宅する。


出先ではアジサイが更に色づき始めてきました。
a0293308_1902760.jpg

a0293308_1903870.jpg
a0293308_1905826.jpg
a0293308_1911435.jpg
a0293308_1913077.jpg
a0293308_1914240.jpg

[PR]
by urochiiko | 2015-05-26 04:37 | 日記

ワインが到着(その2)

今回は、インポーターの直営店でアウトレット販売が一部ありました。
そこに、欲しいワインを合わせて購入。
スパークリングワインの大人買いは来月の予定(笑)

(アウトレット)
ベルトラン・ド・ラ・ロンスレイ、ブルゴーニュ・シャルドネ2010が1本。
アウトレット販売(液面低め)
¥1480(全て税別)
ドミニク・ラヴォーが所有するネゴシアンの1つ。
ドミニク・ラヴォーはエレガントなスタイルに定評がある。
a0293308_8141240.jpg


(アウトレット)
ドメーヌ・ド・ラ・トゥール(ダニエル・ジョブロ)ブルゴーニュ・ピノ・ノワール1999が3本
アウトレット販売(コルク浮きぎみ)
¥1480
実際、手元に来たワインはコルクが浮いていない。
しかし、キャップシールにシワがあります。
最近、どこかのインポーターが再度輸入しています。最初に輸入された時が¥2000程度でしたが、今回輸入された価格は為替の変動以上に高騰して¥3000近くまで上がっています。
ちなみに、最初に購入したこのワインはヴィンテージ違いを含めて自宅に3本残っていますから在庫は合計6本になりました。
a0293308_8151168.jpg


(通常購入)
シャトー・ピュイゲロー2011
シャトー・ルパン等を手掛けるティエポン家が所有するシャトー・ピュイゲロー。
荒廃した畑を30年以上かけて再生してからワインを作り始めたのはとても有名。
いわゆる、コスパボルドーの中でフォンベル同様好みのワイン。
モンペラも良いがシャトー・ピュイゲローは、よりバランスが取れている。
価格以上の素晴らしいパフォーマンス。
¥1770
a0293308_8153340.jpg


(通常購入)
ドメーヌ・ロベール・グロフィエ、ブルゴーニュ・パストゥーグラン2012が2本。
最初ヴィンテージの2013をチェックすると…パストゥーグランが販売店の価格で¥3800になっています。
ロベール・グロフィエは素晴らしい品質ですが、パストゥーグラン2011年ヴィンテージまで¥2500以下で買えたワインですから、ついに2013年のワインは価格高騰を理由に購入を断念しました。
M.Tさんと話し¥4000近い金額を出すなら、ブルゴーニュに拘らず世界に目を向ければ素晴らしいレベルのワインが沢山あります。
2012年も安くはありませんが、優良生産者のシャンボール・ミュジニーやモレ・サン・ドニのヴィラージュクラスにある。
誰もブラインドでパストゥーグランとはわからない逸品。
¥2980
a0293308_8155369.jpg


スペイン・カヴァFIZZ FIZZ FIZZが4本。
個人的に一番のお気に入り。
シャープで酸があり泡立ちもしっかりしている。
これを飲んでいると、実に納得。
毎日飲んでも飽きません。
H先生はもう少し酸が柔らかい方が好みのようだ。
a0293308_8161696.jpg


最後に、あさみんへ。
シャトー・ピュイゲローが¥2000以下で買えたら素晴らしいコシト・パフォーマンスのあるワインです。
下手に格付けシャトーのワインを買うより遥かに良いワインです。
輸入元により販売店の価格は¥1800程度〜¥3000ちょっとまで幅があります。
ネットでウマ安スパークリングワインを出しているお店なら私と同じ価格で販売されていますよ!
[PR]
by urochiiko | 2015-05-25 05:10 | 日記

ワインが到着

先日、以下のワインが到着しました。
月末にかけて、3回ワインが到着する関係上写真を撮る前に在庫整理をしてしまいました…

よって、全てのアイテムの写真は撮れましたが、本数は本文で記載します。


カイザーピーク・シャルドネ2012が6本。
カイザーピーク・ピノ・ノワール2012が4本。
a0293308_1931661.jpg


カイザーピークはカリフォルニアワインの中では低価格帯に入り、購入価格は¥1200(全て税別)
低価格なワインに高いものを求めてはいけないが、品種の個性が出ているのか?
飲んだらまた紹介します。


アロー・フィールド、ソフィーズ・ブリッジ、ニューサウスウェールズ2013シャルドネが1本。
アロー・フィールドはいくつかのレンジが輸入されているがこれは自社畑のもの。
これは、購入価格¥1380

飲んだらまた紹介しますが、カイザーピークよりは輪郭がはっきりしているものと推測する。


ラプラヤ、ブロックセレクション2012ピノ・ノワール・リザーブが1本。
チリ産のピノ・ノワールはとても久し振り。
確か、2013年12月にコノスル社のピノ・ノワール2008レゼルバ以来。
1年半も飲んでいなかった。
生産者も違うが、現在のチリワインはどうなっているんだろう?
そして、このワインはK商会が輸入している。
K商会のワインを買うのは10年振りか?
もっとか?
K商会は良いものを見つける場合があるからちょっと期待。
購入価格¥1380
a0293308_1932115.jpg

全て、カリフォルニアワインに並々ならぬ情熱を持った店舗より購入。
[PR]
by urochiiko | 2015-05-24 04:23 | 日記

雪解け進む富士山

5月21日に富士山に少し雪が積もりましたが、22日の朝にはすっかり解けていました。
21日の富士山、山頂は最低気温マイナス10℃以上で22もマイナス6℃程度です。
21日は残念ながら仕事で富士山は撮れず・・・
22日朝の富士山です。
(富士山の画像はクリックすると全て拡大できます)
a0293308_19101270.jpg

a0293308_19102677.jpg


参考までに、5月11日の朝に撮影した富士山がこちら!
a0293308_5183225.jpg


日中、どこでもある花ですが写真を撮ってみました。
(アジサイ)
まだまだ色付きが浅いですね。
a0293308_19104147.jpg

a0293308_1910531.jpg


(菊の一種)
a0293308_19114570.jpg

a0293308_1911572.jpg

a0293308_19121245.jpg

夕方になるにつれて湿度が下がり遠方の景色が見えてきました。
a0293308_19122311.jpg

a0293308_19123210.jpg


そうそう、21日の夜に月を撮りました。
三日月以下の状態ですが、光の具合でつき全体の円形が影でわかります。
a0293308_1914920.jpg

a0293308_19142055.jpg

週末の日曜は雨になるようです。
a0293308_19143812.jpg
a0293308_19144617.jpg
a0293308_19145468.jpg
a0293308_1915225.jpg
a0293308_19151180.jpg
a0293308_19151963.jpg

[PR]
by urochiiko | 2015-05-23 05:08 | 日記

お気に入りのラーメン屋さん(その2)

今から10年前に住んでいた地は、やたらとラーメン屋さんが多く『ラーメン激戦区』とも言われた。
過去に、この激戦区で別のラーメン屋さんを紹介している。

今回紹介するのは、永福系の大勝軒を暖簾分けして、この地で大人気になっているラーメン屋さん。
系統から、つけ麺の方ではない。
しかし煮干の香る絶妙なラーメンは流石の出来。

(ねぎ多めで注文)
a0293308_19384976.jpg

[PR]
by urochiiko | 2015-05-22 05:34 | 日記