<   2014年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

星野一義氏の思い出10

星野は2002年のニスモフェスティバルで引退セレモニーが開催された。

また、このタイミングに合わせて昔のシルエット・フォーミュラーのニチラ・シルビアやあのグループAで伝説のマシンとなったカルソニック・スカイラインR32GT-Rが復刻された。

今まで現存するカルソニック・スカイラインR32GT-Rはレプリカであった。
それは、グループA終了にともない次のカテゴリーになるJTCのマシン改造されたからグループAを戦ったカルソニック・スカイラインそのものは現存していない。

今回は、レース用に保管されていたニューボディを使って新たに組まれた新車であった。
正直、R32GT-Rのニューボディが残っていたのには驚いた!


また、JSPCで戦いル・マンにもデイトナ24時間耐久レースで優勝したニッサングループCカーやル・マンで3位表彰台を獲得したニッサンR390GT1、更にニッサンの大森にいた下積み時代に走ったニッサンチェリーも用意された。

星野はグループA時代のカルソニック・スカイラインR32GT-Rを長谷見のユニシア・ジェックススカイラインと高橋国光によるアドバン・タイサンスカイラインによる3台の走行時に、1人限界アタックをする。

長谷見と国光のマシンは当時の車両を保管していたから、レーシングスピードでの走行は出来ない状態であった。

オンボードカメラから拾った星野の音声からは長年腰痛に苦しめられた痛さを我慢する唸り声をあげていた。

今ファンに見せられる最高の走り。
1人独走は星野パターンでもあったから、正に伝説のカルソニック・スカイラインが復活。
組み立てとメンテナンスは当時と同じRS中春が受け持った。

また、カルソニック・スカイラインと言えば星野が最後に乗ったVQエンジンに載せ変えられたR34GT-Rでもカテゴリー混走レースでトップを快走していた。
ニスモフェスティバルのDVDを見るとVQエンジン搭載のR34GT-Rをとてもスムーズに運転している。
外から見るアグレッシブな走りとは違いシーケンシャルシフトの操作はとても優しく、アクセルやブレーキもスムーズだ。
他のドライバーはいかにもレーシングカーをドライブしているように、シーケンシャルシフトをパンパンと入れているのとは対照的。


星野が乗った全ての車両に思い出がありファンにも思い入れがある。

全てを書けないので、下記のマシンにスポットライトを浴びせよう。

F-3000(F-Nippon)で最後に乗ったマシン。
ローラT96-52
ニスモフェスティバルでありながらニッサンのシャシーでもエンジンも搭載されていない。

しかし、当時の車両にはニスモのステッカーが貼られている。
それは、車体の勉強の一環としてニスモのメカニックが数名メンテナンスに携わっていたから。

今回のレストアは当時のメンテナンス会社クエストの代表五十嵐協二氏を中心に組み立てられた。

五十嵐は若い駆け出しの星野をメカニックとして最も長く携わっていた人物で晩年のフォーミュラーは五十嵐の興したクエスト社がメンテナンスをしていたからだ。

そして、ボディカラーは当時のものとは別のキャビンカラーをまとった。

聞いた話しでは、星野にとってキャビンカラーは円熟期に結果を出した思い出がありJTも快諾してくれたと言う。

星野自身はもう5年乗っていないし、トップフォーミュラーともなればタイヤの温度が上がらなければまともに走らないし、簡単に流して走るわけにもいかない。

走るからには自分の勇姿を見せたい。

実際、このマシンは星野引退後に黒澤琢弥がドライブしているが、もう数年間走らせていない。

組み上がったマシンは一度、他のドライバーによってチェック走行がなされた。

星野はニスモフェスティバルで富士スピードウェイに入ってからこのローラをドライブした。

この練習走行はいかにも星野らしい走行だった。

それは、一般的なドライバーはここを過ぎたらスピンするなど手前で判断するが、昔から星野はここを過ぎてスピンするのを確認する。

そう、この練習走行でもシャシー、タイヤとエンジンは完全な新車ではないがフォーミュラーマシンだけに、この確認が必要だったのだろう。

フェスティバル当日は雨に見舞われたりしたが、星野の勇姿をファンは見ることが出来たし、最後のマシンを組み立てた五十嵐との写真撮影も行われた。

最後のセレモニーでは万感の思いから言葉に詰まったが、その全てをファンは忘れない。
a0293308_21132546.jpg
a0293308_2115539.jpg
a0293308_21161881.jpg
a0293308_21165484.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-11-30 05:11 | 日記

バルディヴィエソ・シングルヴィンヤード・サグラダファミリア2010

バルディヴィエソ・シングルヴィンヤード・サグラダファミリア・カベルネフラン2010

私がどうしても飲みたくて手配をかけたもの。

シングルヴィンヤードの区画名は、以前スペインの支配下にあった事を由来する『サグラダファミリア』

ここに植えられているカベルネ・フランは樹齢90年〜60年の古木。
長い年月生きてきたカベルネ・フランからは大きな収穫量は期待できないが、長い年月生きてきた樹だけあって、ゆっくりとどっしり構えたもの。

また、生理的熟成を迎えるまで収穫しなかったこのカベルネ・フランは今までのカベルネ・フランのイメージを覆す逸品。


簡単にイメージを書くと、ややパワーがありながらバランス良くまとまり、黒果実の香りを中心としたどっしり構えたワイン。

当日、一緒にいた全員がこのワインに納得していた。

機会があればあさみんに非日常のワインとして飲んでほしい一本。
他にはシャトー・モンペラやシャトー・ド・フォンベルとも機会がありましたらどうぞ
a0293308_19192950.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-11-29 05:14 | 日記

ホームパーティ

これから仕事が忙しくなるので2014年最後?のホームパーティをした。

ワインは完全に私の好み(笑)
もちろん、私のストックからだから当然です。
a0293308_19341547.jpg

ここで、参考情報!
ワインには相応のグラス(形、大きさ)が必要だが経験値のあるソムリエになると、その最適なグラスに注ぐ量も最適にする。
私が、このブログにグラスの画像を載せているときはそれを気をつけているが、今回も同様にした。
グラスに注がれた量をみてテイスティング量と思われるこの少量こそ、大きなブルゴーニュグラスでゆっくり回して空気に触れることが出来る。
気にしない方はそれで結構だが、良いワインには最適なグラスと注ぐ量が大切である。




カーヴ・ド・バイイ、クレマン・ド・ブルゴーニュ レゼルバ

格落ちのブリュット・シャルヴィも良いが、クレマン・ド・ブルゴーニュは流石の出来。
a0293308_19335076.jpg



メゾン・ルロワ、ブルゴーニュ・ブラン2000
綺麗に熟成されキャップシールをはがすとカビがビッシリ。
ナプキンて拭き取って抜栓した。
ルロワの刻印がされたコルクはリコルクされておらず、少し柔らか目
無事に抜栓して飲んでみると、オークセイ・デュレス村のワインと言われてもわからない逸品。
a0293308_19345633.jpg


ドメーヌ・ルイ・ジャドのコルトン・グレーヴ2001
さすがグラン・クリュだけにコルクが長い。
いつも通り抜栓しようとソムリエナイフを入れたが、コルクを上げきれない。
久しぶりに緊張した(汗)
何とかコルクは折らずにセーフ。

さて、このコルトン・グレーヴ2001はとても素晴らしい味わいになっている。
まだ熟成のピークは迎えていないが、あれこれ余計なコメントはいらない素晴らしいワイン。
a0293308_19365746.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-11-28 05:15 | 日記

スキー初滑りは?

昨年と一昨年は11月20日辺りにスキー初滑りをしました。

今年は、降雪はあったものの寒気の入りが弱く積雪量が足りない。

よって、H先生と雪さえ降れば行くはずのスキーは延期に…

雪さえ降ればいつでも行けますが、初滑りの日はいつになるか?
a0293308_18444880.jpg


この方の天気予報でチェックしましょう(笑)
a0293308_195940.jpg
a0293308_1954496.jpg
a0293308_1961552.jpg
a0293308_1964371.jpg
a0293308_19711100.jpg


そして、ニューアイテムを追加しました。
画像右側のブーツは従来のもの。
これは積雪のある時にとても重宝するが積雪が少ないと・・・
そこで左側のをゲット(笑)
いくつか候補があったがつま先からナイロン生地はパス!
車に乗って暖かくなるとブーツに残った雪が解けて染みてしまうから。
a0293308_19493078.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-11-27 05:31 | 日記

ITALIANO COLA

イタリアのピエモンテ州にあるバラデン社が作るコーラ。

メーカーの売りは天然コーラナッツ(アフリカ産のシエッラレオーネ)を使用していることらしい。
a0293308_17461956.jpg


渡辺蘭氏によると本日も寒く雨の予報。
a0293308_7162564.jpg
a0293308_7171488.jpg
a0293308_7181274.jpg
a0293308_7191699.jpg
a0293308_7195686.jpg
a0293308_7203243.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-11-26 05:40 | 日記

Ca Viola

グラスはブルゴーニュグラスで試飲。


イタリア・ピエモンテ州にあるカンティーナ。
カ・ヴィオラ

ドルチェット・ダルバ・ヴィロット
ドルチェット種100%
抜栓した時から綺麗な黒果実系の香り。
色は程よいガーネット。
グラスに注いでも香りは抜けない。
実際に飲んでみる。
華やかな香りが抜けて味わいはソフトでシルキー。
軽めながら飲み飽きしないバランスはさすが。
今飲んで十分楽しめる。
料理と合わせて飲んでも良いし、プルスケッタやフォカッチャをつまみに飲むも良し。


バルベラ・ダルバ・ブリケット。
バルベラ種100%。
抜栓した時からドルチェットのような開いた香りはしないが骨格のあるような落ち着いた香り。
色はやや濃い目。
グラスに注いでみる。
ピエモンテらしいしっかりと落ち着いた香りが支配する。
何か惹き付けるものは無い反面、落ち着いたこの香りは『ワインを飲んでいる』と言う満足感をもたらしてくれる。
先に飲んだドルチェット種よりも輪郭と奥行きがあり、今飲んでも十分美味しいし5年程度先までまだまだ楽しめるだろう。
グラスを重ねる程にワインの良さを感じる。
ネッピオーロ種ほど主張しないバランスが良い。
これは、料理と合わせて飲むべきもの。

どちらも、価格以上の価値があり是非飲んで欲しい!
a0293308_19102912.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-11-25 06:07 | 日記

A.Sさんとdinner

A.Sさんとビジネススタッフでイタリアンディナーをしました。
a0293308_8133164.jpg

まっ、いつもの如くワインがすすむと画像を撮り忘れてしまい、ワインのボトルはスプマンテと赤ワイン!
白ワインは忘れました(笑)


こちらがスプマンテ。
辛口でバランスが取れている。
a0293308_8142348.jpg


ロメーヌ(ロメイン)レタスのシーザーサラダ
a0293308_815686.jpg


石窯で焼かれるマルゲリータ
a0293308_8154952.jpg


画像撮り忘れの白ワイン。
ルイ・ジャドのマコン・ヴィラージュ グランド・マニアン2012
さっぱりした辛口でピザがすすむ。


カプレーゼ
a0293308_8163018.jpg


ガーリックとアンチョビをトッピングしたピッツァ
a0293308_817856.jpg

赤ワインはルイ・ジャドのブルゴーニュ・クーヴァン・デ・ジャコバン2011を2本(笑)
酸味と渋味のバランスから安定した出来。
a0293308_8174655.jpg


カルパッチョ
a0293308_8191438.jpg


イタリアンなのにスティルはブルゴーニュ(笑)
A.Sさんも私もブルゴーニュ好きでルイ・ジャドがお気に入りだから?


楽しい3時間はあっという間に終了。
A.Sさんとのツーショットも撮り忘れ(汗)

来春には新社会人として、新天地に行くA.Sさん。
寂しい気持ちもありますが、是非社会人として頑張ってほしい。

また、来春までにディナーしましょう。


Visconti
[PR]
by urochiiko | 2014-11-24 08:09 | 日記

給油と富士山

まず、昨晩大きな地震がありました。
被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。

さて、久し振りに給油をしました。

846.5キロメートル走って給油量は32リットル。
燃費計は26.7KM/Lでした。
a0293308_18325010.jpg

ハイブリッドカーのデメリットもありますが、これ程走ってしまうと後戻り出来ません。


さて、先日の雨上がりに富士山を見に行きました。

残念ながら、一部雲に覆われていましたが随分と雪化粧していました。
画像をクリックすると、まだ積雪量が少ない為登山道の跡がわかります。
a0293308_18361867.jpg

a0293308_18364919.jpg


そして最近のこの方は(笑)
a0293308_18382915.jpg

a0293308_18392326.jpg
a0293308_1840189.jpg
a0293308_1840351.jpg
a0293308_18413289.jpg
a0293308_1842228.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-11-23 06:30 | 日記

ドメーヌ・アラン・ユデロ・ノエラ ブルゴーニュ・パストゥー・グラン2010が到着

ブルゴーニュ好きにとって、最も微妙な位置にあるのがパストゥー・グラン。

もちろん、パストゥー・グランでもロベール・グロフィエのようにとてつもない品質を出す生産者から安定した出来映えのルイ・ジャドにピュアなスタイルに仕上げたドミニク・ローラン、薄旨系のルーデュモンとあります。

はたして、アラン・ユデロ・ノエラはいかに?
確か、ヴィンテージは違うかもしれませんが昨年H先生が飲んでいましたよね!

グロフィエ程ではないでしょうから期待せずにいましょう(笑)
a0293308_19313561.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-11-22 06:14 | 日記

車の点検

先日、自宅の車を点検に出しました。
合わせてスタッドレスタイヤの交換も依頼。
この車で点検や車検を出すと・・・
ディーラーの敷地内に入って5秒でスタッフが飛んできます(笑)
私の前所有車も型式は違いますが同車両で同じでしたが、車を乗り換えたら普通の対応に変わっています(爆)
a0293308_5594772.jpg


その前に、自宅のガレージで洗車とボディコーティング、ガラスコーティングを実施した。
購入から8年、走行距離38500キロ
ここ数年はあまり走っていない。


道中、上空を見上げるとこの航空機が飛んでいた。
スマートフォンアプリで見て航空機の番号『B763』?だったか?を検索してもこの航空機が出てこない。
貨物機でしょうか?
a0293308_632791.jpg

ちなみに、2ヶ月前にも撮っていました。
a0293308_641860.jpg

a0293308_651255.jpg


帰路の途中に夕陽を浴びる富士山が見えました。
a0293308_655495.jpg


この方の最近は…(笑)
a0293308_66511.jpg

a0293308_674469.jpg
a0293308_683256.jpg
a0293308_691636.jpg
a0293308_695831.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-11-21 05:57 | 日記