<   2014年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ジャン・ルイ・ライヤール

ドメーヌ、ジャン・ルイ・ライヤール

初めての購入。
ワインは、ブルゴーニュ・ルージュ・レ・パキエ2011
ビオディナミ(バイオダイナミック)へ転換中の有機栽培、そして馬による耕作、遅い収穫、低収量、非除梗、・温発酵、澱引き回避、無清澄、無濾過、重力に逆らわない瓶詰めなどを実行している。

ジャン・ルイ・ライヤールを知っているなら、彼の家計はDRCと切っても切れない存在なのはご存知だろう。

とは言え、どこで仕事をしていたか?よりもワインの中身が大切なわけである。

まだ、飲んでいないため詳細なコメントは出来ないが、偏らない範囲でジャン・ルイ・ライヤールを紹介する。

両親は、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(DRC) で40年間働きロマネ・コンティそのもののブドウの摘み取りを任されていたのが母親。
父は37年間ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(DRC)で働いていた。


Jean-Louis Raillard ジャン・ルイ・ライヤ ールはDRCで自ら仕事をしていた経験を持ち、ライヤールは毎年DRCの瓶詰めに立ち会って試飲もする権利を持っている数少ない人物。

彼はDRCで働き、いくつかのネゴシアンでも働いた後に、現在ボーヌ醸造学校(ミッシェル・グロやミッシェル・マニアンも卒業している)で教師をする傍ら、自身のドメーヌでワインを造っている。


このように聞くと、A.P.ヴィレーヌの赤ワインがサラリーマンのロマネ・コンティと言われるように、ジャン・ルイ・ライヤールのワインもグラン・クリュを持たない小さなロマネ・コンティとネット等で騒いでいるのと大差なくなるから冷静に(笑)


ジャン・ルイ・ライヤールの持つ区画は平均樹齢50 年の畑を所有、有機栽培(完全なバイオダイナミック農法へ転換中)。
栽培面積3.5 ヘクタール、年間総生産量7千本前後。

さて、今回購入したブルゴーニュ・ルージュ・レ・パキエ2011は特級ロマネ・サン・ヴィヴァンの東500メートル広がるヴォーヌ・ロマネ村のAC ブルゴーニュ指定のクリマ“レ・パキエ”から産まれるブルゴーニュリージョン。
平均樹齢46 年、栽培面積0.35haの小さな区画。
2011年のワインは9月1日に収穫。
新樽率35%、熟成期間14ヶ月。
収量29.6ヘクトリットルで総生産量は1,380本。
a0293308_1841243.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-02-28 06:41 | 日記

目鯛の湯引き

お気に入りの魚屋さんでマルを降ろしてもらいました。

メダイはスズキ目イボダイ亜目イボダイ科メダイ属らしい

二枚卸しにしてもらい、湯引きの刺身と味噌漬けの焼き物に。

目鯛は、癖もなく脂も適度で好きな魚の一種。

a0293308_18242256.jpg

a0293308_18275991.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-02-27 07:20 | 日記

スキー板のメンテナンス

雪の降らないエリアで大雪になり、高速道路が通行止めになった為一回スキーをキャンセルした。
次回までに少し期間が空くので簡単にスキー板のメンテナンスをしました。

エッジのバリ取りとエッジを軽く研ぎ直し、ホットワックスの実施。
板の先端に石で引っ掻いた跡が滑走面に残っているが、実際に雪が触れる部分ではないし素人がやっても跡が残るからその部分はそのまま…

そして、ホットワックスは今までの雪温マイナス10℃辺りをカバーするものからマイナス3℃辺りをカバーするものに変更。

そして、一般スキーヤーは高価なホットワックスはあまりメリットは無い。
なぜなら、高価なものはその性能が発揮出来るのが限定的で持続性が無いから。フッ素配合など無いもので十分ゲレンデスキーに対応できます。

また、効果はホットワックス程ではありませんが、汚れを落とした後にホットワックス用の固形を生塗り、スプレーワックスの実施も効果があります。

何よりポイントは汚れを落とす事です。
数日滑った後にリムーバーをかければビッシリと汚れが取れます。
これをしてからワックスをかけましょう。

スキー板のワックスは過剰にやる必要はありませんが滑りに大切な要素です。
a0293308_521955.jpg

来シーズンは板を買おうか・・・
[PR]
by urochiiko | 2014-02-26 05:56 | 日記

災害時相互応援協定

先日、関東地方を中心に雪の甚大な被害がありました。
私自身も、移動中にこの雪に遭遇しました。

今回の雪で山梨県や埼玉県は自衛隊に救助要請をした他に災害時相互応援協定に基づいて新潟県と新潟の複数の市から除雪に関するブルドーザーや人員の応援が入りました。

一部のネットでは上杉謙信が敵対する武田信玄に塩を送った戦国時代の逸話のようと騒がれているが、それはそのネットで盛り上がって下さい(笑)

ここで記事にしたいのは、このような県や市町村の協定がこんなにうまくいったケースはあったのだろうか?
そして、今後このようなケースをどんどん増やして欲しいと思う。

また、今回の除雪をするに辺り新潟から来たブルドーザーに『甲斐の皆様もうすぐ春です。頑張って下さい。』と書いてあったそうです。
その除雪にもメッセージにも山梨の市民から新潟の派遣した市役所にお礼のメールや電話があったそうです。

ちなみに、この災害時相互応援協定で発生した費用についてはこれから話し合うそうで、『まず要請に対して動いた』と言う決断は素晴らしいと思います。

そう思うと残念なのは、同じ会社なのに管轄地域が違うからとラッセル車や除雪機を出さなかった話しは何とも…
今後の改善を望みます。

a0293308_518747.jpg


そうそう、渡辺蘭氏によると明日辺りから春の陽気を思わせる気温だとか・・・
a0293308_518397.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-02-25 05:56 | 日記

ヘイズ ランチ、シャルドネ。ベスト・フット・フォワード セントラルコースト 2010

シャルドネの名酒ウェンテ・ブランドの弟分的レーベル。
今から10年前に美味しかった記憶があり購入。

当時は酸と果実の統一感に密度の濃さがありながら洗練されている。
この価格帯のワインとしてお気に入りだった。


では、現行ヴィンテージは…
柔らかさが先行しているためクリーンな味わい。
艶やかさは無く、二口目から飽きが出てくる。

アフターは全く無く当時の印象とはかけ離れている。

では、冷静に過去の記憶を払ってみた。
全般的に柔らかくエレガント、味わいはわかりやすく万人受けするもの。

購入価格は千円ちょっとだから過度な期待をしないで各国の同じ価格帯と比べたらどうか?

平均点を上回るものはなく、普通に造っているワイン。
a0293308_15132576.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-02-24 07:06 | 日記

カステル・デ・グラブアック1998

このカヴァは小規模ながら優良な生産者が作る瓶内熟成を100ヶ月以上させたもの。
これは、以前1998年と2001年を飲んでいて1998年の方が良い出来。

最後の1本を開けた結果はどうだったか?

比較的安価な熟成カヴァとして大変良くできているし、中々他には見つからない。

ノンドサージュだからやや酵母の匂い?がするので玄人向けの逸品。

a0293308_11442019.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-02-23 07:32 | 日記

ラ・シャブリジェンヌのワイン

この生産者はシャブリ地区の農業生産者組合。
1923年に設立されて、シャブリ地区の20%以上を造る。
名前からロマンチストに聞こえるが…
組合員が造る葡萄をブレンド、又は樽毎に熟成させてラ・シャブリジェンヌのワインとして販売している。
出来上がるワインは良く出来ている。
そして日本国内には長く輸入されている。
確か、記憶の範囲では日本で最初の正規輸入元は『ミツミ』だったのではないだろうか?
ミツミについてはブログスタートして間もなく書いているので割愛。

ラ・シャブリジェンヌのワインは日本ではレストラン向けになる事が多く、一般小売店ではあまり見かけない。

一度は飲む価値のある生産者組合だ。

a0293308_14561217.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-02-22 07:57 | 日記

アルベール・モロのボーヌ・プルミエ・クリュ1989と1997が到着

ブルゴーニュの商業都市、ボーヌ村屈指の作り手アルベール・モロ。

所有する区画は10ヘクタールに満たないしグラン・クリュの所有もない。
しかし、作り出されたワインは長命で優雅さと奥深い味わいを持っている。

確か1年位前にY.Gさんがブルゴーニュの古酒で何とも言えない味わいで印象深いもの!と言う言葉だけで、まぐれにもワイン生産者を当てたのもアルベール・モロ。

今回はボーヌ・マルコネ、プルミエ・クリュ1989とボーヌ・ブレッサンド、プルミエ・クリュ1997を購入。

先に書いたように、アルベール・モロは所有する区画は多くないから当然生産量も限られる。
特にアルベール・モロはアルベール・モロを愛してやまない愛好家への販売をしており、正規輸入元が販売出来る量は半分以下でなかったか?

こうしたスタイルと品質からして、いつプレミア価格がついてもおかしくないが現在に至るまで良心的な価格で販売されている。

クラシカルで安定した素晴らしいワインとして、とてもオススメ。

a0293308_18112326.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-02-21 06:01 | 日記

感動したフィギュアスケート荒川静香(思い出編)と葛西紀明、ヴァネッサ・メイ

ソチオリンピックで盛り上がっている中・・・

私は、2006年トリノオリンピックのフィギュアスケートで金メダルに輝いた荒川静香氏の滑りはじめを見た瞬間に『これは金メダルを取る』と直感しその自信に満ちた美しい滑りに感動した。
a0293308_10132085.jpg
a0293308_10153717.jpg
a0293308_1016519.jpg

スポーツ色々見てきたが美しいと感じたのは初めて。
a0293308_10134879.jpg

金メダルを取った背景には色々あると思うが、本人のスケート人生で長野オリンピック代表後ソルトレイクオリンピックの代表になれず、トリノオリンピックの代表に就くも開催一ヶ月前に乗っていた飛行機の車輪が出ずに胴体着陸し『初めて死ぬかもしれない』と思ったからなのか?
自身のアマチュアスケートの集大成としてトリノオリンピックの代表になれなかった時点で引退すると心に決め自身最後の思いで挑んだからなのか?

先に書くが、現在のフィギュア採点は当時よりも難しく高度な技術を必要とされているから今の現役選手と比較はナンセンス。
とは言え当時も当然採点の高い滑りを要求されていたわけだが、レイバック・イナバウアーと言う現在の荒川静香氏の代名詞になっているその滑りは採点にほとんど影響しないと言われていた。
当時の記憶では、オリンピック本番ではより高い得点を取れるべく、レイバック・イナバウアーを封印するのではないかと言われたりもしたが、自身のポリシーは変わらずにレイバック・イナバウアーを披露した。
演技中にミス無く滑り最高得点で金メダルを獲得。

現在はプロスケーターとして活躍し結婚。
また、ポーカーフェイスとしても知られ、アマチュア時代(現役)は海外メディアからクール・ビューティーと言われていたそう。
a0293308_10171588.jpg

人の見方は様々だし、感動する基準も様々。
そして、もっと感動する場面もあったかもしれないし、その全てを見ることが出来ない中に2006年2月トリノオリンピックで荒川静香氏の滑りは私に感動を与えてくれた美しく自信に満ちた素晴らしい演技だった。



それは、2014年ソチオリンピックでスキージャンプ、ラージヒルで銀メダルに輝いた葛西紀明氏の滑りも近いものだと思う。
葛西紀明氏のジャンプ直前の自信に満ちたあの顔つきは周りを感動させる躍動感を持っていた。
a0293308_9594225.jpg


そうそう、偶然のニュース?
2006年トリノオリンピックで荒川静香氏が金メダルに輝いたフリースタイルで流れた曲は『誰も寝てはならぬ』(トゥーラン・ドット)。
この曲を演奏したのはヴァネッサ・メイである。本名ヴァネッサ・ワナコーンでソチオリンピックにスキーアルペン女子大回転(GS/ジャイアントスラローム)に父親国籍のタイ代表で出場した。
非常に難しいコンディションで完走した選手の最下位であったが、話題にしたいのはこれ。

この競技当日のゲレンデコンディションは最悪。雪不足のゲレンデに急遽人工降雪機で雪を降らしたために、板が引っかかってしまい多くの選手が完走できない(DNF)なか、非常に安定した滑りで鬼門を抜けて完走した。
一般的に、アルペンスキーをちょっとやったことがある選手でも超難関とされるオリンピックコースでこのコンディションを完走するのが大変なのがわかるだろう。
下にある添付画像を見れば、その滑りの実力もある選手だ。

そして、コンマ1秒でも早くと滑り足をとられリタイヤ続出のレースでヴァネッサ・ワナコーンは全長1325メートル標高差400メートル旗門数54を全て通過しゴールしなければ結果(リザルト)は残らないと教えてくれた。
a0293308_1084891.jpg
a0293308_1010712.jpg

(全ての添付、時事、共同、FIS、EMI順不同)
[PR]
by urochiiko | 2014-02-20 05:42 | 日記

ドミニク・ローラン・マルサネ2009ヴィエイユ・ヴィーニュ

久しぶりにドミニク・ローランのワイン。

簡単にドミニク・ローランを紹介。
元はパティシエ職人だった彼はいずれ自分の好きなワインを造りたいと決心しワイン業界に転身。
いくつかの生産者で修業の後、ブルゴーニュ、ジュブレイ・シャンベルタン村にネゴシアンを構える。
ネゴシアンであるがゆえに、当初は栽培農家から樽で買い付けたものを自分の所有する樽に移し変えてワインを生産している。
そして、1990年代中盤以降は世の中が樽使いを強くする流れがあり、ドミニク・ローランの栽培農家が新樽100%で詰めたものを更に新しい新樽100%の樽に移し変える手法の通称、『新樽200%』として一斉を風靡する。

時代は、樽使いの濃いものからピュアなものにシフトしてきた時にワインの造りもドミニク・ローランはうまく対応してきた。
昨年秋にインポーターの方に聞いたところ『現在の妻はワインつくりをしている家系の方だそうで、そのアドバイスが良くなっている要因のひとつ』と教えてくれた。

現在は、息子と共にドメーヌ・ローランも運営している。
これはヴォーヌ・ロマネを中心にドメーヌを運営していたエジェラン・ジャイエ氏に後継者が居らずドメーヌをそっくり継承している。

さて、実際のワインはどうか?
この前に飲んだのはドミニク・ローラン、ブルゴーニュ・ヌメロ・アンだったように思う。聞いた範囲の話で書けばこのヌメロ・アンに使われる原料にこのマルサネ・VVも入っているとか?
であれば、ブレンドされたヌメロ・アンとマルサネ・VVは共通するものはあるのか?

残念ながら同じヴィンテージでは無い為に感覚になるが・・・
ヌメロ・アンとマルサネ・VVは別物でヌメロ・アンは良くできているがブレンドのブルゴーニュ。マルサネ・VVはブルゴーニュの北で作られる赤ワインに見られる『鉄っぽさ』を感じるもの。

このマルサネ・VVは飲む時に抜栓したが最初の30分はまだ香りが出なかった。
やがて、綺麗な香りと酸が出てくるがVV(ヴィエイユ・ヴィーニュ)らしい落ち着きはあまり感じられない。

参考までにヴィエイユ・ヴィーニュと言われる古木には定義が無い。一般的に樹齢30年以上で名乗る生産者もいれば樹齢80年以上の区画を持つルイ・ジャド社のワインはヴィエイユ・ヴィーニュを名乗っていない。

このワインは、目の詰まり方がとても綺麗で先述の奥さんの影響を受けていると思われる。それは、飲んでいて自然と女性が作るようなイメージを連想させたから。
そして、マルサネという区画からして大きな将来性は無いが、あと数年するともっと落ち着いた良い状態になるだろう。
しかし、それ以上もないし今飲んだワインとワインの品質が変わるレベルでもないが今でも人気のあるドミニク・ローランのワインとしてよく出来たワイン。

最後に、私のブログのパターンからして・・・
よく出来たワイン程度であれば、出来るだけ詳細を書くようにしており、よく出来たワイのレベルが高くなれば成る程詳細は書かずに『余計なコメントはいらない素晴らしいワイン』となる。
反対に良くできていないワインがあればそれははっきり書きます。
a0293308_911019.jpg


うっすらとしか見えなかったが富士山も綺麗
a0293308_914449.jpg

渡辺蘭氏によると明日の天候はあまり雪にはならない模様
a0293308_922617.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-02-19 08:31 | 日記