<   2013年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

パトリック・ビーズが亡くなる

10月22日に飛び込んだ訃報。

ドメーヌ、シモン・ビーズの当主パトリック・ビーズは10月上旬に自動車を運転中、心臓発作を起こした。
事故後、治療の甲斐なく22日に息を引き取った。
享年61歳。

ブルゴーニュにある小さな村サヴィニー・レ・ボーヌ。
この地で20ヘクタール以上の畑を所有するドメーヌ、シモン・ビーズ。

パトリックは 元々海の男で、仏海軍で一生を終えることを夢見ていたが、 父親の病を契機に、実家のドメーヌを継ぐことを決意した。

日本とある意味最も関係の深い生産者のひとつがこのドメーヌ、シモン・ビーズ。
パトリックの伴侶は、ブルゴーニュの地でドメーヌに嫁いだ初めての日本人女性、千砂さん。
私は会った事はないが、知的でショートカットの素敵な方らしい。

ドメーヌは、1995年にラトリシエール・シャンベルタン、その2年後にはコルトン・シャルルマーニュと、赤、白のグラン・クリュも加わった。

残念ながら、現在自宅にはシモン・ビーズのワインが無い。

過去に飲んだ記憶を思い出して、謹んで哀悼の意を表します。

ドメーヌ、シモン・ビーズ(パトリック)のワインは非常に丁寧に造られたワイン。
ワインとして液体の目のつまり方がしっかりしているのに艶やかだ。

赤ワインは艶やかなでシルキー。
白ワインは艶やかでクリーン。

大変よく出来たワインであれこれ余計なコメント入らない。
a0293308_1523747.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-10-31 07:40 | 日記

某デパートワインフェア

J.M先輩から、お誘いがあったこと。
お気に入りの高品質カヴァも販売している事もあり、買い物に行きました。
各ブースでいくつか試飲もしました。
良くできた、ロッソ・ディ・モンタルチーノやスイスの素晴らしい白ワインなどいくつか、気になるワインがあった。

一通り回ってみると、やはりこのレカルド社のカヴァが欲しくなる(笑)
さっきまで、他のを買おうとしていたのに…
レカルド社のカヴァを仕入れる社長に聞いた話によると、スペインの州や政府からの紹介と要望で独占輸入契約を結んでいるとか。
しかも、その契約には毎年の仕入量に関してはいっさい明記されていないらしい。
さすがだと思った。
ワイナリーは安定した輸出がしたいから通常は毎年の出荷量を決めたい。
インポーターは毎年の仕入量を決めてしまうと、裁き切ろうと乱売になりかねない。
お互いがわかる人にわかってほしく大切に販売したいと言うのがわかる。
時間にして5分ちょっとであったが色々勉強になった。
a0293308_1035690.jpg


あとは、このワイン。
デメトリア・シャルドネ・サンタリタヒルズ。
先日の試飲会で最高の白ワインだったもの。
このデパートでは12本限定で関東に初出展。
インポーターの方と話すと、このレンジは生産がおよそ200ケースで2400本になる。
これほど、小規模になると価格がプレミアムプライスになったりしてしまうが、品質からして良心的。
オフレコ?で現地のプライスを聞いたら70ドルちょっとらしいから、輸入コストを考えれば内外価格差もほぼない。
この非常にシャープで酸が乗っているが、シャルドネの凝縮感からして素晴らしいできばえ。
今年発見した最高の白ワイン。
a0293308_1045318.jpg


その他いくつか書きたいが、購入していないので割愛。

また、日を改めてH先生とも行ったが、H先生も同じワインをオススメした(爆)
[PR]
by urochiiko | 2013-10-30 07:45 | 日記

フードフェア

初めてフードフェアに参加した。
K氏と、もうひとりK氏が遊びに来てくれた。
ライヴコンサートを聞きながら、クレマン・ド・アルザスを二本、イタリアプーリア州の白と赤ワイン、マルク・クライデンヴァイスのコスティエル・ド・ニームの5本を空けました。
ライヴも終わりヴォーカルの方もわざわざ挨拶に来てくれて『ずいぶんワイン飲みましたねぇ〜』っと
はい、ずいぶん飲みました(汗)


楽しみ過ぎたかな?
a0293308_101717.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-10-29 07:46 | 日記

ケイマス ベル・グロス  ピノノワール 2001

a0293308_182093.jpg


ケイマス・ワイナリーを所有するチャックワーグナー氏の母、ローナ・ベル・グロスの名を冠したシングルヴィンヤード・ピノノワール 『ベル・グロス』
ケイマスはカベルネソーヴィニオンの巨人である。
そのケイマスのピノノワール。
はっきり言って詳細は全くわからない(汗)

なにせ、日本国内への正規エージェントがブツブツと切れてしまっている。
このベル・グロスも2005年ヴィンテージまでは国内輸入があったようだ。

これは2012年1月23日に飲んだ最後の一本。

ケイマス ベル・グロス ピノノワール 2001はまだ豊かな果実に支配されていたが熟成して妖艶な香りが出ており、恐らく今が一番美味しい時のようだった。
これはW氏夫妻と一緒に飲んで一同その香りと味わいに感服した。

これほど果実があるのにダレず艶やかなワインは早々無い。

恐らく国内にはもう在庫は無いだろう。
その最後を飾る素晴らしいワイン。
a0293308_1824874.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-10-28 08:01 | 日記

陶器を購入

ある場所に障害者支援の売店がある。

この趣旨に賛同頂いている、Y.GさんやY.Sさん、メグリンなどにはうどんやパンを購入して渡している。

この、支援団体の一部で陶器を焼いていると聞いた。
何でも陶器を焼く釜も自前で持っているそうで、プロの方を招いて障害者と陶器を作って焼いているという。
出来上がりの品質もきちんとしているが、障害者支援の一環とされているため、陶器用の土代にもならない価格で販売されている。

ひとまず、2つ購入しました。

中々、紹介しようにも私の自宅からも勤務先からも30kmはあるので簡単な紹介が出来ないのと、大きさや深さなどあるのでうどんのように代役で購入も難しい・・・。

もし、このブログを閲覧されている方で興味のある方は私まで連絡して下さい。
a0293308_19174378.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-10-27 07:11 | 日記

甥っ子と遊ぶ

少し前に甥っ子と遊びました。

いつものカート対決!
残念ながら、他の走行車もありタイム計測は満足に出来ず・・・
しかし、次はもう勝てないだろう・・・

お花畑を一緒に歩きながら高度26,000ft(フィート)を巡航するANA787型機や自衛隊の哨戒機も撮影。

また遊ぼうね!
a0293308_1962622.jpg
a0293308_197724.jpg
a0293308_1972881.jpg
a0293308_1974789.jpg
a0293308_1982870.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-10-26 07:28 | 日記

秋の味覚②

栗饅頭

普通に売られている栗饅頭は割れた栗が入っているが、これは栗が丸々1個入っている。
3個食べておなか一杯(笑)
a0293308_1925250.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-10-25 08:00 | 日記

ペッパーウッドグローブのワイン

このワインは三年振りになるだろうか?
その頃までは、カリフォルニアの太陽をぎっしり浴びた、濃い系のワインだった。
久し振りに販売店にならんでおり試飲してみた。

すると、ずいぶんと洗練されたワインにシフトしている。
例えばシャルドネは以前のグレープフルーツ香満載で濃さを追及したものから、冷涼な地域で栽培された、瑞々しいシャルドネに近くなっている。
カベルネ・ソービニオンもバランスがいい感じに変わっている。

ある意味、良い方向に変わっているが、ここまで変わると以前を知っているとその違いに購入者は戸惑うだろう(笑)

同じインポーターでサイクルズ・グラディエーターがどうしてか?2011年のワインがいつものようなワインになっていない。

カリフォルニアワインを気軽に楽しむなら、このペッパーウッドグローブを勧める。
a0293308_1934315.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-10-24 07:50 | 日記

エジェラン・ジャイエのワインとRAN

ドメーヌ・エジェラン・ジャイエは確かアルフレッド・ジャイエが運営していたが後継ぎがいないため、ドミニク・ローランにドメーヌを売却した。
ヴォーヌ・ロマネ村を中心に畑を所有していたから、よくアンリ・ジャイエの何かと間違えられる事もあったらしい。
小規模ながら、出来の良いワインを造っていた。

ドメーヌ・ローランになっても以前の片鱗を感じながらドミニク・ローランの個性も出ている。
ドミニク・ローランと言えば一昔前の新樽200%だが、現在は当時のような樽香のするワインではなくピュアでナチュラル。

4月中旬にインポーターのご協力を頂き試飲させて頂いた。
どのワインも安定していてオススメ!

a0293308_1585427.jpg


そして、暦は霜降(そうこう)だそうです。

気象予報士、渡辺蘭。
a0293308_656977.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-10-23 07:40 | 日記

新規ワインの試飲

あるインポーターのご協力を頂き、新規輸入ワインの試飲をオフィスでしました。

グラス少量でしか飲んでいないので詳細は控えますが良かったアイテムはこの画像です。

いつも、お誘い頂きありがとうございます。
a0293308_18591669.jpg
a0293308_18593526.jpg
a0293308_18595529.jpg
a0293308_1901913.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-10-22 07:56 | 日記