<   2013年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

スペイン、ラモン・ロケッタ(シャルドネ・マカベオ)とカメラテスト

この時期に合うすっきり系のワインが欲しくて、情報もないままネットで購入。

インポーターの資料によるとローマ時代からワイン造りを行っているラモン・ロケッタの歴史は1199年から始まり、 ワイン販売を行ったのが1898年から。

その長年のワイン造り の知識や伝統は今日に至るまで受け継がれています。
バルセロナから僅かに北に行ったところにあるプラ・デ・バジェスに畑を持ち、肥沃な土壌と恵まれた気候のも と、旧家伝来の方針を受け継ぎながら最新設備を取り入れ、 高品質なワインを手頃な価格で提供することで評価の高いワイナリーになっています。

という事らしい・・・。

さて、ラモン・ロケッタのワインはシャルドネ50%、マカベオ50%で樹齢はおよそ30年程度。
透明の瓶から見える爽やかさを連想させるカラー。

シャルドネとマカベオのスティルワインはあまり飲んだことが無いが、カヴァではマカベオもシャルドネは生産者によって使用されている。
このワインはバランスよくまとまり濃くも無ければ薄く平坦な事もない。
そして、果実香に柑橘系を感じるから、暑い季節にピッタリのワイン。

フレッシュで余韻は短いが、それが良い方向に出ているオススメワイン。
a0293308_9162250.jpg



カメラテスト
(飛行機雲を40倍で撮影)
a0293308_9172188.jpg
a0293308_9174212.jpg


(夕方の月を40倍と80倍で撮影)
a0293308_9183218.jpg
a0293308_9185588.jpg


(肉眼ではほとんど見えない高度を飛ぶ飛行機、40倍で撮影)
a0293308_9192191.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-07-31 07:56 | 日記

CAVA ピュピトレ ブリュット レゼルバ

CAVA ピュピトレ ブリュット レゼルバ(CAVA PUPITRE BRUT RESERVA)

ブログでは初登場となるが、何度も飲んでいるピュピトレのCAVA

購入店により価格に開きがあるが¥800~¥1200程度で販売されている。

今回は18ヶ月の瓶熟成をしたレゼルバは初めて購入。

使われるブドウ品種はチャレッロ、マカベオ、パレリャーダで通常品と同じ。

同じタイミングで飲んでいないが通常品とレゼルバで大きな品質差は感じない。
感覚的にレゼルバの方がクリーミーでリキュールの味が少ないようにも思う。

実店舗で販売される¥1000以下でオススメのCAVA

いずれ、ロゼも紹介したい。
a0293308_853915.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-07-30 07:43 | 日記

甥っ子と楽しむ!

夏休みに入った甥っ子と遊びました。

あっという間に9歳になり、カートもスクールに通うとか・・・。

今回も真剣に走りましたよ!
タイムは前回より3秒短縮し甥っ子に1秒半のリード
とはいえ、スクールに通いだしたらそうは行くまい・・・

夕方は電車も好きな甥っ子と一緒に新幹線の撮影にGO

その時の他の画像は今度UP予定。

(我々の前にレースが開催された。かなり上手な方でレーシングスーツ着用者も)
a0293308_2091969.jpg
a0293308_2093632.jpg
a0293308_209504.jpg
a0293308_2010103.jpg


(我々の走行がスタート!前半は甥っ子が、後半は私がリード)
a0293308_20115199.jpg
a0293308_2012881.jpg
a0293308_20122384.jpg


(公園を散歩中にセミが鳴いていた!)
a0293308_20125493.jpg


(甥っ子曰くこの車両は東海道新幹線の最新式らしい!甥っ子のテンションアップ!!)
a0293308_2014442.jpg
a0293308_20142113.jpg
a0293308_20143826.jpg


また遊ぼうね!
[PR]
by urochiiko | 2013-07-29 07:06

カメラ撮影の練習

時間を見つけてはカメラ撮影の練習をしている。

出来れば、自分で撮影シーンを設定したいがまだまだそのレベルに無い。

よって、今回の画像もオートフォーカスで撮影。

カメラに関して大先輩のH先生へ、
コメントを別途お願いします(笑)

(40倍で撮影)
a0293308_945428.jpg


(80倍で撮影)
a0293308_9461280.jpg


(特に設定なし)
a0293308_9465819.jpg
a0293308_9471682.jpg
a0293308_9473268.jpg
a0293308_9475433.jpg
a0293308_948960.jpg
a0293308_9482527.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-07-28 07:43 | 日記

宅配会社の方に聞かれる事…

自宅には私のワインで約2週間に一度のペースで数ケース届く。
また、家族のワインも定期的に自宅に到着する。
こうなると、宅配会社の方とも仲良くなる。
最初の頃は『○○よりワインが3ケースです』と言うように一般的な会話が『○○より今回は5ケースです』と言うようになってくる。
そして最近は『いつも気になるんですが、他の箱と比べてこのワイン重いですね』っと。
スパークリングワインは耐圧瓶だからその事を説明したら、かなり納得していた。
つい先日は『いつもの所からワインです』と話してくれた(笑)

重い荷物をいつもありがとうございます。

a0293308_15375695.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-07-27 07:59 | 日記

ジャン・グリヴォのワイン

ヴォーヌ・ロマネ村に本拠地を構える生産者。
ワインを勉強し、ブルゴーニュの魔物に入ってしまった頃に飲んだ。

現在の当主、エティエンヌ・グリヴォは非常に丁寧なワインを造っている。
グラン・クリュはもちろんだがプルミエ・クリュやヴィラージュクラスもよく熟成させてから楽しむべきワイン。
最近、ご無沙汰しているからもう5年は飲んでいない。
最後に飲んだのはヴォーヌ・ロマネのプルミエ・クリュ1995だったが畑はどこだったかな?
ようやく熟成が始まったワインで、まさに綺麗なワインだった。

添付の1er・レ・ルージュはエシェゾーも素晴らしかった。
濃いわけでもなく果実が出すぎもしない。
バランス重視のクラシカルなワイン!

ジャン・グリヴォはヴィンテージの影響を受けない安定した出来で熟成させてから楽しむワインだ。

最近、販売価格が高騰しているのが購入を躊躇している最大の要因。

a0293308_13501130.jpg
a0293308_13534669.jpg
a0293308_13541322.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-07-26 08:00 | 日記

お気に入りの味噌ラーメン

北海道、小林製麺のプリッとした食感の麺とクリーミーでポタージュを僅かながら連想させる美味しい味噌スープ。

調理の度に野菜は中華鍋で炒められ熱々のスープが入る。

以前はもうちょっとポタージュのようなクリーミー差があったようにも感じたが気のせいか?

そういえば、スキー繋がりのW氏はこのラーメンが食べたくて片道約100キロ運転してここまで来たと話していた(笑)

以前、障害者の自立支援する場所があり生うどんを購入していると書いた売店から2キロ圏内にある。

麺好きつながりのY.Sさんも機会があれば是非食べてみて下さい。

お気に入りの味噌ラーメン
a0293308_19173376.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-07-25 07:15 | 日記

ルモワスネ、サントネイ・1997

このワインは半年前に2本購入。

その頃、ルモワスネ社のワインを輸入する会社の方と話したら、私の購入店舗はルモワスネ社のワインを日本で広めた先駆者だそう。

その会話で教えて頂いたのは、ルモワスネ社のサンプルワインが届くと購入店舗の社長に試飲してもらい、気に入ったワインは輸入数の全量をその社長が買うそうだ。
ある意味、モノポール。

どうりで、他の店舗で見ないルモワスネ社のワインがあるわけだ(笑)

今回のサントネイ・1997は恐らく一般流通しているもの。

ルモワスネはブルゴーニュのドメーヌ化が進んでワインの買付けが変わってきた今日でも、膨大なワインを保管している。

買付ける際に、古酒としていつ頃出荷するか?出来るか?の選定をしているから基本的に若いうちから楽しめるワインは無い。

この1997年は購入ワインの選定に細心の注意を払ったと聞く。

ワインは30分前に抜栓した。
グラスに注がれたワインの色は熟成のピークを過ぎた茶褐色。

香りはヴィラージュグラスらしい適度な鞣し革のような落ち着いた香り。

口に含むと優しいワインが綺麗に熟成しているのがわかる。
色合いに少し心配したが、ワインそのものは熟成のピークを過ぎてはいなかったがこれ以上の熟成はないから今が飲み頃。

夏の少し涼しい時にゆっくり時間を使って飲むのにピッタリのワイン。

ルモワスネに限らず、古酒についてはいくつかのリスクがある。
プレミアム価格が付いているからワインの品質もプレミアム…なんて事はまずない。

古酒選びはネゴシアンやドメーヌの信頼出来るものを適正価格で買うのがポイント。
a0293308_837527.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-07-24 07:35 | 日記

ちょっとお出かけ!

本来であれば、昨日からH先生と旅行であったが当方の確認漏れがあり延期に(涙)

H先生とは別行動をとる事になり、当方は距離にして700Kmを走破して5箇所で用を済ませてきた。


最初はこちら
a0293308_7362059.jpg
a0293308_7361712.jpg

スキー用具の愛用メーカーで小物を購入。
メーカー担当者と少々雑談してきました。

続いてこちら
a0293308_7383886.jpg
a0293308_7402847.jpg
a0293308_7405061.jpg
a0293308_74111100.jpg

私の最も好きなエリア。
残念ながら雲が出ており山々があまり見えない。
何とか残雪が残る山が取れるスポットで撮影できた。


続いてこちら
a0293308_7435170.jpg
a0293308_7441741.jpg
a0293308_7442281.jpg
a0293308_7444542.jpg

移転して3年になるだろうか?
中々行けず、2年ぶりに伺った。
店主とスキーの話しなどしていたら『つい先日、妻と来ないかな?と話していたんですよ!』と言われた。
どうりで、店主が私の顔を見た瞬間に驚いたわけだ(笑)
カルツォーネとパスタを食べました。
パスタにのっているチーズは良くある緑の筒に入っているパルメザンチーズではありません。
これは、パルミジャーノレジャーノ。
風味、味わいは格段に良いが、自宅で利用するなら開封後数日でカビが生えてしまうので冷凍庫で保管は必須。


続いてこちら
a0293308_7521386.jpg

いつも利用するわさびのお店。
今回は、わさび漬けとわさびも購入。
*わさびは大きさで¥200~¥1,000程度まである。
ちなみに首都圏のスーパーで販売されるわさびはこの地で¥300程度のものが¥1,000~¥1,500で販売されている。


最後はこちら
a0293308_75651100.jpg

スキー繋がりのY氏から教えてもらった生そば。
適当なそば屋で食べるより美味しくて、価格は1パック¥300しない!
スキー友達のW氏もお気に入り。


道中700km走った燃費は24.4km/Lであった。


連絡事項です。
Y.Sさんへ
アドレス教えてくれないとおそばの連絡出来ませんよ。
[PR]
by urochiiko | 2013-07-23 07:45 | 日記

アルザス、フィリップ・ボーレル、ピノブラン2011

何度か紹介しているから、生産者情報は割愛。

手頃な価格で入手出来るアルザスワインとしてお気に入り。

購入価格は千円前半のワインに大きな期待をしてもいけないが、このワインの良いところは翌日飲んでもヘタリが少ない。

ニューワールド系にある果実味がありアルコール度数も13度を超えて15度近いものならまだしも、アルザスで翌日飲んでも…は嬉しい誤算。

J.M先輩から頂いたアルザスワインのレオン・マンバックには到底かなわないが価格を考えたら納得のワイン。

現在、自宅に同じワインがあと5本ある。
夏の暑い時期はスティルのお気に入り白ワインになる事、間違いないだろう。

これは辛口ワインだが、どことなくホッとするワインだからY.Sさんも気に入るかもしれない。
と、勝手に思っている(笑)


合わせた食事は生ハムとブラックオリーブのピザ。

a0293308_15263520.jpg
a0293308_15275947.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-07-22 08:03 | 日記