ホームパーティを開催と最近の事

先日、簡単にホームパーティをしました。

飲んだワインはこちら!

シャンパーニュはポワルヴェール・ジャック
インポーターの資料によると黒葡萄の比率が高いらしく、ボランジェスタイルと言う。
飲んでみると確かに黒葡萄の比率が高く、重厚さがある。
しかしボランジェスタイルか?と言うとボランジェが持っている重厚さの中にも洗練されているスタイルにはなっていない。
まぁ、ボランジェの半額以下で買えるシャンパーニュとしては良く出来ていて重厚なタイプ。
a0293308_17414591.jpg


メゾン・ルイ・ラトゥール サン・トーバン・ブラン2005
今年、ルイ・ラトゥール社が蔵出ししたワイン。
ルイ・ラトゥール社は定期的に蔵出しバックヴィンテージを出しているが、国内正規輸入元では何故か?買えない。
これも、並行です。
ネゴシアン物のバックヴィンテージ(オールド・ヴィンテージ)は1つ注意が必要。
それは、樽や新酒の状態で買い付けて自社で熟成させたものと、熟成したワインを他の生産者から買い付けて自社のラベルを貼ったものがある。
信頼できる生産者ならどちらでも最終的なワインの品質には違わないだろう。
そして、ルイ・ラトゥール社なら最も信頼できる生産者。

ちなみに、これは前者のもの。
理由は、ルイ・ラトゥール社の使うボトルは他の生産者がほとんど使用しない重厚なボトルだから。

さて、ワインは収穫して10年の歳月が流れているが、外観から熟成したような色合いはない。
しかし、飲んでみるとフレッシュ感は無くなって落ち着いています。
ブルゴーニュの南で作られるワインらしく、バランスに重きを置いてコンパクトです。
何か偉大さを出そうとか、長熟向けにしようとかしないこのワインは実に良い。
バックヴィンテージの楽しみ方は偉大なワインだけではないと、このサン・トーバン・ブラン2005は教えてくれる。
a0293308_17421118.jpg


オロパス1998
カリフォルニアにあるサン・クレメント ワイナリーは以前サッポロビールが所有していた。
そこでサッポロSAPPOROを反対から書いてOROPPASオロパスと命名した。
当初は余計なジャーナリズムによってオーパス・ワンに名前が酷似しているから、商標差し止めになるのでは?と噂された。
しかし、当時のオーパス・ワンからはオロパスの命名した経緯を把握しており、もしここでオーパス・ワンから商標差し止めに動いたら世間から『なんてジョークの通じない奴ら』と言われるだろう。と語ったと言う。

さて、自身2回目のオロパスはどうだったか?
抜栓した瞬間に芳醇な香りが立ち込めた。
その香りは何か?言い当てられない。
複雑さと優雅さからくる芳醇な香りと熟成によって得られる香りが調和している。
カベルネ・ソーヴィニヨン主体の長期熟成タイプにあるワインのエネルギーと収穫から17年経った落ち着き、そしてカリフォルニアワインにある若くしてからも美味しく飲める果実の旨味。
あ〜ぁ、素晴らしいワインにはあれこれ余計なコメントはいらない。

私自身が過去飲んだカリフォルニアのボルドースタイルのワインで筆頭にあがる逸品。
a0293308_17424921.jpg


昨日は自分の車を点検に出しに行きました。
ちょうど新型車種の展示が始まっており見てきました。
a0293308_17435290.jpg

a0293308_174446.jpg

自動車メーカーが新型を出すわけですからいろいろ進化しているのは展示車両からもわかりました。
しかし、プライベートでしか使わないので購入はありません(笑)


紅葉も見納め
a0293308_17454271.jpg


先日、蘭氏は初のダウンコートを着ていました!
a0293308_17462821.jpg
a0293308_17464127.jpg
a0293308_1747542.jpg

[PR]
by urochiiko | 2015-12-12 04:40 | 日記


<< クレマン・ド・ボルドー ガイザー・ピーク シャルドネ2012 >>