ベルトラン・ド・ラ・ロンスレイ モレ・サンドニ1999

今から2年前に直輸入する会社が輸入したもの。


ベルトラン・ド・ラ・ロンスレイと言うネゴシアンはドミニク・ラヴォー氏が運営するネゴシアン3社の1つ。
私の知識の中では、セリエ・ド・ウリュシリーヌは知っているがもう1つのネゴシアンは知らない。

クルティエであるドミニク・ラヴォーが選び出すワインは古酒でもプリムールでもバランスが取れエレガントなスタイルなものを生産者から買い付けている。


では、モレ・サンドニを飲んでみる。


色合いはブルゴーニュらしい薄めの色調。

香りは熟成香が綺麗に出ており臭覚を良い意味で刺激する。


飲んでみると、ヴィラージュクラス相応の品質ながら『今が一番の熟成状態』と思わせる。

ブルゴーニュのコート・ド・ニュイ地区の赤ワインらしく陰性なタイプ。
特にモレ・サンドニは陰性で森の中にいるような香りが綺麗に出ている。
濃厚なタイプや果実の旨味が前面に出るタイプとは違うこのワインはブルゴーニュワイン好きを魅了する。
a0293308_956471.jpg
本日はボージョレー・ヌーヴォーの解禁日です。
毎年、ある生産者やボージョレー委員会の『何年ぶりの出来』に嫌気がさします(笑)

ルイ・ジャドの信頼出来るレポートによると、降水が少なく果実は凝縮したが実はあまり育たなかったようです。
やや、濃い目のスタイルのようです。


[PR]
by urochiiko | 2015-11-19 06:45 | 日記


<< 解禁!ボージョレー・ヴィラージ... 昨日の事 >>