オークセイ・デュレス・クロ・デュ・ムーラン・オー・モワーヌ2001

ドメーヌ・デュ・ムーラン・オー・モワーヌ
オークセイ・デュレス・クロ・デュ・ムーラン・オー・モワーヌ2001

早速飲みました。

色合いは、やや熟成がかった茶褐色ぎみ。

香りは落ち着いていてピノ・ノワールがもつクラシカルでわずかにスパイシーさを感じる。

グラスに注ぐと以外に?グラがある。

では、実際に飲んでみる。
収穫から14年経っており『落ち着いている』と言うのが第一印象。
ヴィラージュクラス故に全体的にコンパクトだが熟成香には葡萄の生命力を感じるスパイシーさがある。
よって、まだ枯れた味わいにはなっていない。

クラシカルなワインだからこそ出来るこの何とも言えないバランスが絶妙。

こういったワインは有名批評家の点数では表せない。

ブルゴーニュワイン好きにとって、とてもツボにはまる。


購入価格以上のパフォーマンスがあります。
a0293308_18181283.jpg

[PR]
by urochiiko | 2015-11-02 07:06 | 日記


<< ブラック・リッジのワイン クレマン・ド・ロワール モン... >>