カーヴ・ド・バイイ ブリュット・シャルヴィ(旧ロット?)

最近まで、激安激ウマスパークリングワインの代表格でした。

昨年に長期欠品の後に輸入再開されたが、販売価格は3割近く値上げされました。
これは、為替が大きく影響しており仕方ない面があります。

また、最新ロットのカーヴ・ド・バイイ ブリュット・シャルヴィはドサージュ(古酒、糖類、リキュールの添加)が少ないのか?、より辛口に仕上がっています。

私は、さほど気にしていませんがH先生は自分の好みから外れたせいか?『別物になっちゃったね』と連絡を頂きました。

現在自宅に10本弱の在庫がありますが、今回飲んだのは以前からストックしていた旧ロットのようです。

なぜなら、味わいがドサージュから来る後味を強く感じたからです。
しばらく飲んでいなかった旧ロットのスパークリングワインを久し振りに飲んでみて…
確かに味わいの違いを感じますし、良く言えばドサージュから来るゴージャス感は、はあります。
しかし最新ロットと品質に高低があるか?と言われたら、高低差はないでしょう。


ここでH先生は納得しないかも知れません。
違いは高低差ではなく左右の幅です。
わかりやすく書くと、ワインで左右の幅とは自分の好みからくる許容度になります。
a0293308_18453390.jpg



また、世界陸上が開催されています。
個人的に注目していたこちらの選手は準決勝で敗退しましたが、自身の力(ベストタイム)からするとよく健闘したと思います。
マスコミやメディアは本人の力以上に持ち上げすぎです。
a0293308_4592793.jpg
a0293308_4595531.jpg

(毎日新聞より引用)
[PR]
by urochiiko | 2015-08-27 05:29 | 日記


<< 山田製油 ごまくっきい ラ・プラヤ、ブロックセレクショ... >>