カジュアルシューズを新調!

歳とともに拘りがなくなってきた私(笑)

カジュアルシューズを探していました。

あまりNationalBrand(NB又は有名メーカー)を好まない私…
とは言っても、NB商品でないと手に入らなかったりするわけですから、程度の問題です。


今回購入したのは、サロモン社のシューズ。
既に違うサロモン社のシューズもありますが、これは一般的なシューズ。
特筆するものでもないか(笑)

サロモン社にしたのは、某大手NBメーカーのようにアウトレットショップで大量に販売はあまりされていないこと。

スキーブーツがサロモンな事(笑)

モデルリニューアルで格安だった(爆)


こんな理由でしょうか?

スポーツシューズやウェアは毎年新商品を出しますがベースとなる『型』は同じで、カラーリングや生地が変わる程度です。

この『型』は何年か使われて新しいものになります。

このような事を知ってしまうと、メーカーの販促に乗って新商品を買うのが良いか?
お買得なタイミングを待って買うか?
自分の欲しいと、求める度合いで判断できます。


話を脱線させれば、某アウトレットショップに並んでいる商品は生産されてアウトレット商品として並んでいるのは極小でアウトレットショップ向けに企画生産されている場合がほとんどです。

これってお買得なんでしょうか?


ファッション業界をある意味リードするユ◯クロは毎年デザインを変えて大きな販売力を持っていますが、『型』は毎年流用しています。


まっ、批判ととらわれかねない話しはここまで。


スポーツ用品メーカーは世界的に見ても独立して経営が難しくなっています。
今回紹介したサロモン社は比較的新しいメーカーでスキーブーツで一世を風靡し、スキー板も20年ちょっと作っています。
しかし、経営でみるとテーラーメイド社と母体を同じにした後、アディダス系に入りアトミックやウィルソンを抱えるアメアグループに属していると記憶しています。

これは、スポーツ用品メーカーに関わらず世界をまたにかける食品メーカーやハードリカー等は最たる例です。


あまり詳細は書けませんが、国内スポーツ用品メーカーでも資本関係は無くても色々と共有しているようです。



ずいぶん脱線した記事になりました…
a0293308_20183361.jpg

[PR]
by urochiiko | 2015-08-06 05:12 | 日記


<< 暑いときは、ホットな気持ちで 朝からトレーニング〜 >>