ロス・ヴァスコス カベルネ・ソーヴィニヨン グランドレゼルブ2007

ロス・ヴァスコスのワイナリーはスペイン(バスク)から移住した人により1750年に創業した。

記憶の範囲ではロス・ヴァスコスの意は『バスク人のために』だったと思う。

1980年代に入りフランスの著名シャトーやワイナリーがニューワールドのワイナリーとジョイントを組むのがブームになるとボルドー1級シャトーのシャトー・ラフィット・ロートシルトを要するドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトがロス・ヴァスコスと提携して今日に至る。


チリ、コルチャグアヴァレーを中心に3600ヘクタール所有。

今回紹介するのは、グランドレゼルブ2007
セパージュはカベルネ・ソーヴィニヨン、カルメネール、シラー、マルベックのブレンド。


では、飲んでみる。
リリースから5年、収穫から8年経っておりとても落ち着いている。

そして上級キュベの為、葡萄の良さがあり重量感がある。
この重量感はありがちな完熟と遅摘みによるものではなく収量や樹齢の高さから来るものだろう。
グラスを重ねても飲み飽きしない。

素晴らしいワインだが、土っぽさからチリワインをわからせてしまう所は致し方ないか?

たまに飲むには、価格以上のパフォーマンスがある安定した素晴らしいワイン。
a0293308_1848132.jpg


昨日は渡辺蘭氏によると晴れるとの事でタイヤ交換した自転車でトレーニングしました。
a0293308_1921552.jpg

a0293308_19221418.jpg

a0293308_19223746.jpg

a0293308_19225410.jpg

さて、出掛けます。
a0293308_1932084.jpg
a0293308_194030.jpg
a0293308_1944269.jpg

太陽が顔を出したり雲に隠れたり・・・
a0293308_1953597.jpg
a0293308_1955919.jpg
a0293308_1962621.jpg
a0293308_1964761.jpg
a0293308_19786.jpg


目的地で小休憩
a0293308_199212.jpg


帰路につきます。
a0293308_19101284.jpg
a0293308_19103074.jpg
a0293308_19104731.jpg
a0293308_19114785.jpg


ちょうど着地していました。
a0293308_19124675.jpg
a0293308_19133782.jpg
a0293308_1913592.jpg


上空ではヘリが飛んでいました。
(米軍のヘリ)
a0293308_19152497.jpg

(県警ヘリ)
a0293308_19155433.jpg

(民間ヘリでしょうか?)
a0293308_1916532.jpg


そろそろ、アジサイも見納め。
a0293308_19244723.jpg

[PR]
by urochiiko | 2015-06-30 05:39 | 日記


<< ジャン・マルク・ボワイヨ ドメ... ドミニク・ローラン ブルゴーニ... >>