2014-2015シーズン、スキー滑走27日目は標高1850メートル超に!

行程の2日目はT高原スキー場で雲一つない快晴でコンディションは最高。
a0293308_733413.jpg

標高1600メートルのスキー場山頂から素晴らしい景色が見えました。
a0293308_734311.jpg

a0293308_7342798.jpg

a0293308_7344960.jpg

日中はヘリスキーの運航にヘリが頻繁に山頂へ上がっていった。
a0293308_735998.jpg

a0293308_735279.jpg


本日はO女史とU女史が合流ですがU女史は寝坊して後から合流に…
a0293308_7354969.jpg



O女史から運行が開始したロープウェイの山頂に行きましょう。
と言うことで1829メートルのロープウェイ山頂まで行き少しハイクアップし1850メートルを超える場所まで来ました。
a0293308_736176.jpg

a0293308_7363781.jpg

a0293308_7365391.jpg

しかし、素晴らしい景色です。
余計なコメントは要りません!
a0293308_7372070.jpg

a0293308_7373777.jpg

a0293308_738362.jpg


冬山を登山する方やトレッキングをする方もいました。
a0293308_739954.jpg

a0293308_7392421.jpg

a0293308_7394618.jpg

a0293308_740440.jpg

次の便でスキー学校の先生方もこのロープウェイ山頂に来ていました。
我々に『遊びじゃなくて、勉強のため』と言い訳?していました(笑)
それくらい素晴らしい景色です。
ロープウェイのスタッフも昨日は強風で運休し、その前は吹雪で視界不良。
本日は本当に素晴らしいと話してくれました。
a0293308_7402717.jpg

a0293308_7404783.jpg

a0293308_741447.jpg

雪のある時期にこの場所は初めてなのでO女史に先導してもらいました。
a0293308_7412356.jpg

a0293308_7414816.jpg

a0293308_7425075.jpg

途中まで来て、重パウの為ゲレンデ用の板ではなくバックカントリー用の板が欲しくなります(笑)
a0293308_7435014.jpg

a0293308_7451114.jpg

a0293308_7453382.jpg

a0293308_746568.jpg

更に降りてきました。
ブーツの上に残った雪が重パウです。
a0293308_7462992.jpg


ゲレンデまで降りてくると、今回は別グループで滑っているM若旦那に会いました。
M若旦那は入れ違いで仲間とロープウェイ山頂を目指していきました。

しかし、この時期でもこの積雪量で、運休中のリフトも大半が埋まっています。
a0293308_7482265.jpg


さて、ランチです。
いつもの場所に行き、自然の中から下山したので『まずはソフトドリンク』と注文したら大将から『えっ?、本当にソフトドリンク?』っと聞き返されてしまいました(汗)
そして、メンバー分のソフトドリンクをサービスしてくれたY大将ありがとうございます。

午後はO女史が仕事で戻りU女史と滑りました。
a0293308_747071.jpg

a0293308_7471640.jpg

a0293308_7473096.jpg


Y大将のいるレストランは今週末で営業終了の為、シーズン中のお礼をしてきました。




ディナーは、
イオ(IO)サンタ・バーバラ・カウンティ2004シラー

カリフォルニアワインを専門に扱うH社がスボットで入れたもの。
カリフォルニアのシラーにありがちなジャミーな印象は無く、またローヌ系にある過剰なスパイシー感も無い。

このうまくバランスが取れたのは10年の歳月を経たからなのか?
時間を気にせずゆっくり楽しめる。
a0293308_7485314.jpg



そうそう、春のワイン会は次回のスキー行程で開催に変更になる模様。
[PR]
by urochiiko | 2015-03-27 07:31 | 日記


<< 2014-2015シーズン、ス... 2014-2015シーズン、ス... >>