ティエリー・モルテ、ブルゴーニュ・パストゥー・グラン2009

もとはシャルル・モルテとしてドメーヌを運営していたが1992年にシャルル・モルテが引退し、2人の息子に分割して相続された。

ティエリー・モルテは4ヘクタールを譲り受け、現在は11ヘクタールを所有する。


今回紹介するティエリー・モルテ、ブルゴーニュ・パストゥー・グラン2009

飲んだ感想は
定評ある作り手のパストゥー・グラン。
ブルゴーニュのリージョン最下位に位置するワインだから何かを求めてはいけない。

あまり、ガメイ種の香りはなくピノ・ノワールの酸味と渋味がうまく調和している。
a0293308_18525319.jpg

[PR]
by urochiiko | 2015-06-12 05:11 | 日記


<< メゾン・ルーデュモン ブルゴー... ホリス ワインヴィネガー >>