2014-2015シーズン、スキー滑走18日目の詳細

いつも通り朝5時前に出発。
出発時の気温は3℃
冷たい霧雨。

渡辺蘭氏によると
太平洋側を低気圧が通過する為、道中の雪を覚悟してスタート。
a0293308_643845.jpg

高速道路もあと数10キロになると湿った雪が一気に降りだしてきた。
a0293308_6432452.jpg

a0293308_6433620.jpg

a0293308_64348100.jpg


除雪車に先導され、7時6分にいつものサービスエリアに到着し朝食と軽く休憩。
a0293308_644285.jpg

スキー場近くなると雪の降る量が多くなる。
関東地方で降る湿った雪と同じで非常に滑りやすく運転は慎重に…
a0293308_6442724.jpg

a0293308_6444199.jpg

a0293308_644565.jpg

スキー場到着目前にして、登り坂で車がスタック(走行不能)してしまう。

色々試みるが、うまく行かずにいると…
たまたま、後から来た車がスキー場のスタッフで重機の手配をしてくれ牽引してもらうことに…
(しかし、これで終わらないとはその時わからず…)


この車でスキーに来てスタックは2回目であった。


スキー場へは若干遅れて到着。
a0293308_6452757.jpg

天候は雪→やや濃霧→曇り→薄日の差す曇り
a0293308_6463618.jpg

a0293308_6465394.jpg

a0293308_647775.jpg

a0293308_6472060.jpg

滑り終えて、ホテルに向かおうとすると…
警告灯が3つ点灯している。
a0293308_6473772.jpg

そこで、取り扱い説明書を改めて見ると『販売店に連絡』と書いてあるし、回生ブレーキも効かない。


しかし、出先でこの地の販売ディーラーがわからずT自動車のお客様相談室に連絡して最寄りの販売ディーラーを紹介してもらう。
a0293308_6475471.jpg


すると、スタック脱出時にタイヤチェーンの装置がうまくいかなかった際にABSセンサーコードを切断していたようで、部品交換が必要に…
翌日には部品も到着し交換できるそうだが、思わぬハプニングであった。

朝のスタックといい、体力的には疲れた1日に・・・

さて、ディナーは
ドメーヌ・クレルジェのサントーバン・シャンティロン1990

元々サントーバン地区の白ワインは早めに消費すべきで、このワインは外観からして完全に熟成している黄金色。

抜栓してもらう。
コルクはリコルクされていた。

注がれた色合いからすると、茶褐色になっており飲み頃のピークは過ぎているよう。
a0293308_649993.jpg

実際に飲んでみる。
香りはシェリー酒やブランデーを思わせる香りになっており、葡萄の生命力はもうない。

蔵元でゆっくりと眠りについていたこのワインは人間に例えればお婆ちゃんといった所か?
悠久の時を過ごしたワインのみに感じる『若き日と時を経た日』が共存している。

確かに飲み頃は過ぎているが、まだまだ十分に楽しめる。
このワインは飲み頃のピークを過ぎてもワインは楽しめると教えてくれた。
a0293308_6495533.jpg

[PR]
by urochiiko | 2015-02-19 06:41 | 日記


<< 2014-2015シーズン、ス... 2014-2015シーズン ス... >>