フェヴレ・リュリー・レ・ヴィレランジュ・ブラン2012

お気に入りの生産者として過去に紹介しているフェヴレ(フェブレ、フェブレイ)


1825年創業でニュイ・サンジョルジュに本拠地を置き120ヘクタール以上の自社畑を所有するドメーヌでありネゴシアン。

フェヴレはフェヴレ・インダストリーと言う事業会社の一部がワインを作っているが、主軸はフランスの新幹線TGVの自動扉を作ったり世界中の交通機関に機械を販売する会社であるのはあまり知られていない。

簡単に説明すると交通機関の機械を販売する会社がメインでありワインは本業ではない。


しかし、大切なのはワインの中身である。
本業ではなくてもワインがきちんとしていれば、それで良いと思う。

そして、実際にワインはきちんとしている。


今回紹介するのは、リュリー・レ・ヴィレランジュの白ワイン。


フェヴレはリュリー・レ・ヴィレランジュは赤ワインで0.3ヘクタール所有し白ワインは3.39ヘクタール所有する。

このワインは自分がワインを知り興味を持った頃に購入した思い出もあるワイン。

リュリー・レ・ヴィレランジュはリュリーの区画が持っているテロワールを綺麗に表現している。

それは、軽めながら綺麗に酸の乗ったワインで『さわやか』と言ったところだろう。

残念なのは赤ワインが入手出来なかったこと。
a0293308_18592020.jpg

a0293308_18594886.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-12-28 05:46 | 日記


<< スペインのCAVA マルケス・... ルイ・ジャド ブルゴーニュ・ク... >>