ワイン会を開催

ワインのインポーター、販売のプロの方とワイン会をしました。
a0293308_8121614.jpg

場所は都内某所。
インポーターの方が顔の聞くレストラン。
ワインは持ち込みをさせて頂いた。


クレマン・ド・ブルゴーニュ。
ピノ・ノワール主体らしく黄金がかった色合い。
クレマンとしては出色の出来。
a0293308_8132576.jpg

a0293308_8142257.jpg

a0293308_8172714.jpg

マコン
葡萄のポテンシャルがわかる。
ステンレス発酵だが、そうは思わせない味の深さ。
但し、最初の提供温度が低く香りもそっけもない。
ワインバスケットから出して温度を上げるとずいぶん変わってきた。
a0293308_8182816.jpg

a0293308_8193922.jpg


ジャン・ルイ・ライヤール ブルゴーニュ2012
ヴォーヌ・ロマネのヴィラージュレベルたが、まだ閉じている。
2012年のワインは初めて開けるが、ライヤールのポリシーは相変わらす。
ボトル中盤から要素が出始めた。ポテンシャルが出るのは2年後かな?
a0293308_8211566.jpg

a0293308_8225688.jpg



ダヴィッド・デュバン ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ2012
酸の乗り方がが絶妙。
但し、ボトル後半はリージョンクラスだから単調になりがちで余韻はない。
a0293308_8234428.jpg

a0293308_8243520.jpg



ロベール・グロフィエ ブルゴーニュ2012
グロフィエは毎年、葡萄の出来を見て作りをガラッと変える生産者。
このヴィンテージは酸は弱めで閉じていおりワインの要素は出ていない。
ボトル中盤から酸が出てきた。
ボトル後半にようやくグロフィエらしい酸と果実の旨味が融和しワインの素晴らしい要素の片鱗が出た。
開けるにはまだ早かったのだろう。
a0293308_8253440.jpg

a0293308_8261666.jpg

a0293308_8265547.jpg



今回、クレマン以外はとても見極めが難しく、マコンは提供温度がうまく行かず、赤ワインは飲むタイミングからしたらダヴィット・デュバンが良かったかもしれないが、将来性はライヤールとグロフィエ。

今飲んで美味しいか?以外にワインの将来性をみれるかは経験値で、十人十色。

美女3人に囲まれたワイン会は18時半に始まり、終了は23時(汗)

全てのワインが逸品だったが最新ヴィンテージのワインなだけにポテンシャル探しになってしまったのは仕方ないだろう。

参加して頂いた皆様に感謝します。
[PR]
by urochiiko | 2014-11-19 05:09 | 日記


<< ボジョレー・ヌーヴォー解禁! 2014-2015シーズン、ス... >>