シャトー・ピュイゲロー2011が到着

シャトー・ピュイゲロー Chateau Puygueraud2011
ボルドーのポムロールにあるヴュー・シャトー・セルタンやシャトー・ルパンを所有するティアポン家が作るコストパフォーマンスの高いワイン。

いったいポムロールのワインを買ったのは何年振りだろう?
いや、これはフラン・コート・ド・ボルドーと言うマイナー産地。

セパージュはメルロー75%カベルネ・フラン20%マルベック5%
アルコール度数14.5

ピュイゲローはティアポン家が土地を所有し30年かけてゆっくりと葡萄を栽培するのに最適な環境に蘇らせ、それからワインの生産を始めたのは有名だ。

再生する年月が長いから良いのではない。
そのポテンシャルを引き出す情熱とポリシーを曲げない信念から生まれたもの。

それがシャトー・ピュイゲローだと思っている。
コストパフォーマンスは高いだろう…
a0293308_18553072.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-10-12 06:27 | 日記


<< またまた台風… シャトー・モンペラ2011が到... >>