ドミノ シャルドネ2012

昨日のピノグリージョは価格からして十分納得の出来でした。

今回は世界中で多く栽培されているシャルドネ。

はたしてどうか?

ちょっと、葡萄のプレスが強いかな?
具体的に書くとプレスを弱めにすると果汁の美味さがでるが生産量は落ちる。
対してプレスを強めにすると生産量は上がるが果汁のエグミまで出てしまう。

シャルドネが持っているグレープフルーツを連想させる香りをエグミが少々邪魔しているよう。

しかしながら、流通価格を考えたら多くは求められない。

平均値以上の出来だから、あら探しは止めて気軽に飲めるシャルドネの1つ。

流通価格は¥1300程度。
サンプル提供品。
a0293308_19261488.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-10-02 05:51 | 日記


<< 星野一義氏の思い出3 ドミノ ピノグリージョ2012 >>