カンパッソス ブリュット・ナチューレ

これは、最後にリキュールの添加をしないカンパッソス ブリュット・ナチューレ(ナトゥーレ)

シャンパーニュでもこのブリュット・ナチューレを良く見掛け『通好みのヴァン・ムスー』と言われる。

通常、澱引きして目減りした分をリキュールを添加して甘味と苦味のバランスが出るとされているが、ナチューレはリキュールが添加されないから葡萄の旨味がそのまま伝わりキリッと締まった味わいになる。

このキリッと締まった味わいが通好みと言われる所以。

個人的にはブリュットもブリュット・ナチューレも好き。

そして、この普段飲みに適したカンパッソス・ブリュット・ナチューレ。
今日のように涼しい日も暑い時にも最高(笑)
a0293308_18105272.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-09-01 05:53 | 日記


<< 涼味(夏そば) 稲が育ってきました。 >>