ルイ・ラトゥール シャトー・コルトン・グランセイ1997が到着

ブルゴーニュ、ボーヌに本拠地を構えるネゴシアン兼ドメーヌ。

ブルゴーニュ一帯から高品質なネゴシアンワインを作り出す一方でドメーヌワインも生産している。

ルイ・ラトゥール社のドメーヌワインで有名処は…
シャンベルタン
ロマネ・サンヴィヴァン・レ・カトルジュ・ルノー
ボーヌ・ヴィーニュ・フランシュ
シャトー・コルトン・グランセイ
コルトン・クロ・デ・ラ・ヴィーニュ・オーサン
コルトン
コルトン・シャルルマーニュ
シュヴァリエ・モンラッシェ・ド・モアゼル
と、素晴らしい区画を所有。

なかでも、ブルゴーニュのコルトンの特級畑は17ヘクタールも所有している。

今回紹介するシャトー・コルトン・グランセイはルイ・ラトゥール社が生産するコルトンの畑の中で樹齢が高く良くできた葡萄から作られルイ・ラトゥール社が所有しているコルトンの近くにある醸造所で生産される逸品。
よって、特定の区画は存在しない。

私はこのシャトー・コルトン・グランセイがとてもお気に入りで1989年、1995年、1996年、1997年、1998年、1999年、2000年、2005年を飲んでいる。

ルイ・ラトゥール社のワインはヴィンテージの影響を受けない安定したもの。

小規模で高品質なワインながら作柄によってバラツキが出るようなドメーヌとは違う。

それがルイ・ラトゥール社の最大の強みだろう。

私が最も好きなコルトンの生産者。

そうそう、自宅にはシャトー・コルトン・グランセイの1998年2本とルイ・ラトゥール社のコルトンの・クロ・デ・ラ・ヴィーニュ・オーサンの2000年と2001年、コルトンの2000年がある。
そこに、ルイ・ラトゥール社が贈与されたドメーヌ・ジャン・クロード・ベランのコルトン・クロ・デ・ラ・ヴィーニュ・オーサン1999年もあります。

機械があれば、一気に飲み比べをしたい(笑)
a0293308_9274439.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-07-22 06:18 | 日記


<< アルビッツィア フレスコバルデ... エティエンヌ・ロディエ ブルゴ... >>