新しいモノが到着!

ワインの在庫が少し増えています。
厳密に言えば、ワインの在庫本数がMAXだったのは5月上旬で430本程度。
現在の在庫は380本程度です。
先日、この在庫を把握するのに再度整理したら2時間かかりました(笑)

大半はデイリーワイン(日常消費用)なのであまり細かく温度管理をするつもりはなく、常温でラックに保管とケースのまま置いてあります。

なぜ、今頃にワインの在庫本数がMAXかと言うと…
真夏にワインをクール便やリーファーシステムで到着しても、常温との温度差でワインが吹き出すのを避ける為。
よって秋になるまではワインの入荷はほとんどありません。

全てがセラーに入る環境なら申し分ありませんが、そうも行かず…
私の自宅には32本収納できるワインセラーがあります。


色々購入してあるワインの在庫チェックをしていると、あともう1つ同じ位のワインセラーが必要な状況になっていました。

そこで最初に検討したのは自宅内で最も涼しい軒下に保管する事を考えました。
しかし、普段目の届かない場所にワインを置くには2つのリスクがあり却下。
在庫が見えないから更にワインの在庫が増える(笑)
目の届かない場所に長期間置いてしまい、本来の味わいから変わってしまう。

あまりワインを飲まない方にしてみれば、400本前後の在庫を持っているのに理解出来ないと思います。

しかし、ある程度ワインを飲む方なら決して多い在庫ではありません。

自分はマニアやコレクターではないと自負しています(笑)
この、他人にはどうでも良い?マニアやコレクターではないと自負するのは、何千本も所有していませんし、ロバート・パーカー(ワイン・アドヴォケイト)が高得点をつけた!とか希少性が高く投機的なワインには興味が無いからです(笑)
とは言え、ドメーヌ・ロマネ・コンティ(DRC)のリシュブールやドメーヌ・ルロワ。
プリューレ・ロックのクロ・ヴージョ。
ドメーヌ・ルイ・ジャドのクロ・ヴージョやルイ・ジャドが落札したオスピス・ド・ボーヌ。
ドメーヌ・ルイ・ラトゥールのシャンベルタン、シャトー・コルトン・グランセイ、コルトン・クロ・デ・ラ・ヴィーニュ・オーサン、ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェなど。
ボルドーならポンテ・カネやベイシュベル、カロン・セギュール。
南仏はドメーヌ・バロナーク等々。
シャンパーニュならクリュッグ、ボランジェ、ルイーズ・ポメリー。
イタリアはビオンディ・サンティのブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルバ。
カリフォルニアはピゾーニヴィンヤードなど。
っと、飲むためのワインが数年前からセラーにありますが…(笑)

これ以外と直近で到着したワインをどうしようか…
そうなると、選択肢が限られて来ました。


結果、前回購入したのと同じワインセラーを購入(爆)

よって32本収納できるので、合計64本がセラーに収まりました。

いずれ、以前からセラーに入っているワインと今回収納したワインを紹介しましょう。

(以前から使用中のセラー)
a0293308_15283350.jpg

(今回、追加購入した同型のセラー)
a0293308_15291341.jpg

利便性を考えてスチール棚を省いてみました。
a0293308_1530574.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-07-05 05:22 | 日記


<< サン・コム ペイ・ドック ... 涼味が欲しくなる >>