クローズ・デ・アズリエ(ステファン・ブロカール)ブルゴーニュ ピノ・ノワール

ステファン・ブロカールはシャブリ地区に本拠地がある。

今回紹介するのはステファン・ブロカールが持つブランドのクローズ・デ・アズリエ、ブルゴーニュのピノ・ノワール2012。

購入価格¥1500程度。
販売店の価格設定が低めにしてあるようだが、ステファンのは定評がある。

では、実際のワインはどうか?
記憶の範囲では2011年と2012年は作柄の影響か?出来た方向性が違う。

2011年はコンパクトでクラシカルなワイン。
2012年はニューワールドを連想させるやや完熟感がありイチゴやベリー系のわかりやすい味わいになっている。

どちらのヴィンテージもバランス良くまとまっているがワインの方向性はずいぶんと違う印象。

この2つのヴィンテージに甲乙は付けないが、個人的にブルゴーニュらしい2011ヴィンテージの方が私の好み。
やや完熟感があり果実味を求めるなら2012ヴィンテージだろう。

いずれにせよ、販売価格が手頃だから多くを求めてはいけない。
a0293308_16564339.jpg

a0293308_16571411.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-08-25 05:19 | 日記


<< 冷製パスタ 甘鯛(アカアマダイ) >>