ジャン・マルク・ボワイヨ ドメーヌ・レロケ ルージュ2005

何度も紹介しているもの。

簡単におさらいすると、ブルゴーニュのジャン・マルク・ボワイヨ氏が南仏で手頃なペイ・ドックの白と赤を作っている。

作り出されるワインは南仏の品種を使っているが、作り手がブルゴーニュなだけにブルゴーニュスタイルに仕上がっている。

以前、このワインを紹介した時にこのワインは今頃が熟成と味わいのピークと書きました。

今回飲んでみると…

やはり、今がピークになっています。
おそらく、このピークは後2年位続きそうに感じる。

このワインはすごく良い状態ではあるが、ペイ・ドックが故?に翌日にはあからさまにヘタリを感じます。

よって、抜栓当日に飲み切るのがベスト。
a0293308_1723853.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-08-21 06:17 | 日記


<< 生鰹のタタキ ビーフシチュー >>