アグリコーラ・プニカ・モンテッス2009が到着。

イタリアを代表するサッシカイヤの醸造家と社長がサルディーニャのワイナリーとジョイントプロジェクトを立ち上げたのがアグリコーラ・プニカ。

サルディーニャ島の南西部のバッルーアはアフリカから吹き付けるシロッコと言う熱風が吹き付けるそう。それにより、寒暖の差が出て葡萄の生育に良い方向へ作用している模様。

今回のワイナリーはアグリコーラ・プニカの2番目のランクになるモンテッス。
2005年が初リリースでカリニャーノ60%、シラー10%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%、カベルネ・フラン10%、メルロー10%のブレンド

飲む前のイメージでは、比較的早めに飲むのがよさそう。
私の好きなサルディーニャ島のワイン。
果たしてどうか?
a0293308_1743720.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-06-05 07:22 | 日記


<< 近々ワイン会を予定 ミッシェル・グロ、ブルゴーニュ... >>