2014シーズン、スキー滑走24日目とdinnerルー・デュモン、コルトン2001

昨日はY先生、Y氏が一緒になりました。

スキー場に向かう時の気温はプラス7℃
スキー場シーズン券を持っているスキー場の最後になる。

この日も、素晴らしい天候になった。
a0293308_6385781.jpg

a0293308_629861.jpg

a0293308_6295631.jpg

午前中は滑りを分解して、特にワイドスタンスをとったり重心の動きを再確認した。
そして、連続した滑りで分解した操作を組み合わせて滑った。
a0293308_6303123.jpg

a0293308_631695.jpg

お昼は、今日も美味しい生蕎麦を駐車場で茹でてざる蕎麦を食べました。

モーグルコースでは上級者が練習をしていた。
a0293308_6314267.jpg

a0293308_6321393.jpg


大型除雪車はシーズンオフのメンテナンスをして来シーズンに備えていた。
a0293308_6334896.jpg

さて、dinnerは昨日に続きグラモナと言う瓶内熟成を60ヵ月したカヴァをグラスで頂いた。
しっかりとした骨格のあるカヴァ。

ボトルは、ルー・デュモン、コルトン2001
日本人の仲田氏がブルゴーニュでネゴシアンを営んでいるもの。
このメゾン・ルー・デュモンについての詳細は2013年7月8日の記事を参照して下さい。

一般的なコルトン・グラン・クリュのイメージはフィネスがありながら落ち着いたもの
a0293308_6342532.jpg

特に、このルー・デュモンは薄旨い系のやさしいワイン。
何も知らなければ、軽いと感じてしまうかもしれない。
しかし、仲田氏の真面目な一面がワインに出ていると思えるならば実に納得。
畑のテロワールより仲田氏のワインを飲んでいると思わせるワイン。
a0293308_6345612.jpg


さて、今日は今回の行程最後。
ゴンドラリフトを20分のるスキー場でM若旦那とネーサンと滑る。
なぜか?前回に続きM若旦那と滑る日が雨になってしまった。

いつものゲレ食の大将を含め今シーズンお世話になったお礼をしよう。
ホテルも夕方まで部屋を用意してくれるし、いつも細かなサービスに感謝している。
[PR]
by urochiiko | 2014-03-26 06:26 | 日記


<< 2014シーズン、スキー滑走25日目 2014シーズン、スキー滑走2... >>