スキーを続ける

昨日のブログで、間違えてはいけない初めてのスキーやスノーボードをアップしました。

今回は『スキーやスノーボードを続ける』です。

スキーやスノーボードを続ける方にはいくつかのパターンがあります。
雪国に産まれた。
生涯スポーツとして楽しむ。
家族旅行のひとつ。
仲間と楽しむ。
学生旅行。
などあります。

スポーツの楽しみ方は様々ですが、そのスポーツはなぜ続けるのでしょうか?

雪国ではない場合、スキーの移動距離や時間は馬鹿になりませんし、車なら体力も使います。

スキー場に多くのスキーヤーが集まった頃は、スキーバスや電車も多く走っていました。
近年のスキーバスは激減し電車も同様になっています。
電車は新幹線の開通により利便性は上がっているかもしれませんが…

スキーを続ける要素は様々ですが、回りの方のスキー場に来た行程を見ると少し残念に思う時があります。

例えば、旅行会社のパンフレットを見ると往復の交通手段と宿泊先、リフト券の有無しか書いてありません。

スキー場に来たことが旅行のひとつの方も、スキーがしたくて旅行に来た方も全て同じレールしかありません。

毎年、スキーに行く方ならその中で自分がどうすべきか?判断が出来ますが、初めてやたまに来る方はそれで満足感は得られるでしょうか?

スキー用具が無ければレンタルをしますが、レンタルを借りるにはどうするのでしょう?
時間はどれくらい必要でしょう?
平日と休日でも違いますし、レンタルを借りる環境にもよります。

なんでこんな事を書くかと言えば、旅行会社のスキーツアーほど融通がきかなく、メリットの少ないものは無いからです。

しかし、大半の方はツアーの企画を利用してスキーに来ているのに良い企画が出てこない現実です。

ツアーで融通がきかないと思うのは、一部の企画かもしれませんが『リフト券何日付パック』と書いてありますが、2泊3日で行って2日分のリフト券が付いた場合に使える日にちが決まっているのはご存知でしょうか?
大概、初日から2日しか使えません。
3日目に使いたくても、そのようにできなくなっています。

その理由は知る由もありませんが、これって不便ではありませんか?
初めてのスキーなら初日はほとんどリフトには乗らずにゲレンデ下部で練習したりレッスンのはずです。
そして2日目と3日目に滑りたいはずが、3日目は新たにリフト券を購入しなければなりません。

旅行会社の方は最終日スキーせずにお土産を買うと考えているのでしょうか?

私は、以前知人の繋がりでいつも利用しているホテルをツアー会社経由で宿泊した事があります。
料金設定などありますから、レストランメニューがグレードダウンしているのと、部屋も同じ間取りでもアクセスの悪い奥の部屋を通されました。

それ以降、知人とツアー会社経由で宿泊する事は無くなりましたし、何よりホテルのスタッフから『いつも来て頂いているので直接予約して下さい』と言われる始末です。

私や知人は人生の勉強と言う事で済み、今は直接予約してとても良いサービスを受けていますが、その事実を皆さんならどう受け止めますか?

スキーレンタルはどうでしょうか?
日本のスキー環境は、少し滑れるようになるとスキー用具一式個人で揃えますが、世界的に見るとこれは稀なケースです。

大半の国では、レンタルが主流で最新機種がとても安く借りられますし、途中で違うスキーに変えることもできます。

ここ数年、海外からのスキー旅行が増えた影響でスキーレンタルがきちんと揃ったレンタルショップが出てきましたが、割高です。

既存のレンタルショップは未だに何年も使っているスキーをレンタルしていますし、格安(激安)ツアーに出てくるレンタルのスペックを見ると、いかにスキー産業が衰退しているのか?良くわかると思います。

こうして見ると、スキーやスノーボードは日本でやり続ける限り、全て自分で企画実行しないといけないように見えてしまいます。

しかし、ツアーで選択の幅が広がらない限りスキー産業が良くなり、スキーやスノーボードを続けたいと思う人口が増えないと思うのは私だけでしょうか?
a0293308_18573386.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-02-03 07:17 | 日記


<< 2014シーズン、スキー滑走15日目 間違えてはいけない初めてのスキ... >>