シャトー・ド・ショレ 、ショレ・レ・ボーヌ2009

シャトー・ド・ショレはショレ・レ・ボーヌに本拠地を構えるドメーヌでこの地で高品質なワインを作っていた。

後継ぎがいないため区画をルイ・ジャド社に売却したためにドメーヌワインとして2009年のワインがラストヴィンテージになる。

元々、評価の高い生産者だが日本への輸入はあまりなかったように思う。
このワインも正規輸入元ではないが、輸入における温度管理などきちんとしているインポーター。

さて、ワインはクラシカルでヴィンテージの影響をあまり受けない安定したワイン。
酸の乗り具合は調度よい具合である。
このランクのブルゴーニュにしては、少し骨格がありながら優しい印象を持つ。
全体のバランスが取れており今飲んでも良いし寝かせても良いだろう。

インポーターでも完売しており今から購入となると、販売店にあるか?になるがブルゴーニュワインが好きならオススメのワイン。


この素晴らしいワインを堪能しながら、きっとルイ・ジャドが作り出したらこうなるだろう?と想像しながら飲んでいた。

いつか、日本にルイ・ジャド社のシャトー・ド・ショレ、ショレ・レ・ボーヌが輸入されたら是非飲んでみたい。

もう作られない現所有者のラストヴィンテージ・ワイン。
a0293308_18142962.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-03-22 07:28 | 日記


<< ドンナ・マルツィア アリアニ... リンカーン・エステート、サウス... >>