ポルシェ 918スパイダー、ニュル市販車最速記録達成

ドイツのスポーツカーメーカー、ポルシェが9月10日、フランクフルトモーターショー13で初公開した918スパイダー。
ドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、最速ラップタイム6分57秒を記録。


この映像は9月10日、ポルシェが公式サイトを通じて配信し確認できる。

9月4日朝、ドイツ・ニュルブルクリンク北コース(1周20.6km)に2台の918スパイダーを持ち込み、タイムアタックを実施。
ドライバーには、ポルシェのテストドライバー、ワークスドライバーを起用。

このタイムアタックには、『sport auto』誌の編集長が、外部オブザーバーとして立ち合った。
ポルシェのワークスドライバー、マルク・リーブが、6分57秒のベストタイムを計測。
平均速度は179.5km/h。

ポルシェによると、このタイムは、レーシングカーを除いた公道走行可能な市販車としては、世界最速。
ドイツのGUMPERT(グンペルト)社が2009年8月、『アポロスポーツ』で打ち立てた7分11秒57を、15秒近く上回った。

フランクフルトモーターショー13で発表した車両をニュル最速と宣言!
ドイツ的なやり方だし、いかにもポルシェらしい!

もっと書くと、『これって市販車ですか?』って思います。

しかし、ポルシェの肩を持つとポルシェはニュル最速を宣言する自動車メーカー。

過去にも、羊の皮を被った狼(BMW-M3CLS)に負けて本気のレーシングカーを公道バージョンとして限定販売するほど!

その意地に敬意を払います。
関連記事はここをクリックして下さい!

だから、今回の車両もワークスドライバーの起用もポルシェにしてみたら本気で出したタイム!
誰も破られない現代世界最高の技術を証明したまで。

918スパイダーは、レーシングカーの『RSスパイダー』で搭載されるV型8気筒エンジンを市販用にした。
排気量が4.6リットルに2個のモーターを組み合わせたPHVシステムを搭載。
それぞれのモーターの最大出力は、フロントが130ps、リアが156ps。エンジンとモーターを合わせたトータル出力は、887psとなる。

トランスミッションは7速PDK。0-100km/h加速2.8秒、最高速345km/hを実現。
このトランスミッションは日本のアイシングループが生産している。

日本の技術は最高だが、日本の自動車メーカーはもっと努力が必要。
ニュルでタイムを出したかどうか?に拘らず運転して楽しい車が作れるか?が日本の自動車メーカーの将来にかかっている。

a0293308_6523845.jpg

(response.jp)
[PR]
by urochiiko | 2013-09-25 07:35 | 日記


<< そろそろボジョレー収穫! こんな画像も! >>