ジャン・トッド・ヴィル、ブルゴーニュ・グラン・オルディネール2010

このワインを輸入しているのはR社。

現地ブローカーを介さずにワインを発掘して輸入するため、販売価格が手頃である。
そして、品質も安定してワインの方向性は洗練されたものを得意とし選球のポリシーも通っている。

さて、このワインについて。

確か、このブログでは初登場か?

ジャン・トッド・ヴィルは記憶の範囲でステファン・ブロカールが一枚絡んでいるメゾン。
違ったか?


最初に飲んだのは今から4年前か?
ステファン・ブロカール同様に洗練されたワインを作っている。

以前、グラン・オルディネールの2005?2003?を数年前に飲んでいる。
飲む前は、年数経って大丈夫か?と思ったが落ち着いて、軽やかなワインだった。

ブルゴーニュ・ルージュもオート・コート・ド・ボーヌも既に飲んでいるが、どれも安定している。

購入価格が示すように、著名な生産者や大手優良メゾンのような骨格や何かをもったワインでは無いが、洗練され安心して飲めるワイン。

そして、販売店ではセール価格で千円を切っているし、何よりグラン・オルディネールらしい、ピュアでチャーミングな可愛らしワイン。

ワインが主役でない場合や暑い時期にオススメ。
H先生に是非飲んで頂きたい。

あさみんにもこういったピュアでチャーミングなワインを飲んでみてほしい。
手軽な価格のグラン・オルディネールでがっかりする生産者もいるので、この生産者に限る。
a0293308_18583431.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-09-01 07:30 | 日記


<< J.M先輩からの質問 海へ行こう!そして空を見よう。 >>