アルヌー・ラショーのワイン

この生産者は元はロベール・アルヌーだった。
譲り受けた婿のパスカル・ラショーが引き継いで近年ドメーヌ名が変わった。
また、最近はネゴスも展開している。

このドメーヌのワインはしっかりとしたインパクトがあり中抜けしないワインだ。
特にヴィラージュクラス以上はその傾向が強く、パスカル・ラショーの方向性がわかる。

過去に飲んだ経験からするとニュイ・サンジョルジュ村のワインはヴォーヌ・ロマネほど人気がないから入手しやすく、決して品質が劣る事もないから以前は定期的に飲んでいた。

この生産者もご無沙汰気味でもう2年は飲んでいない。

最後に飲んだのはドメーヌものとネゴスもののブルゴーニュを飲んだ。
ドメーヌのピノファンは価格と品質に納得したがネゴスはイマイチだった。
ネゴスはグラン・クリュまで展開しているがあまり飲んでいないので判断は出来ない。
よって、買うならドメーヌワインをオススメするが、かなり価格が高騰している。

a0293308_14142848.jpg
a0293308_14145524.jpg
a0293308_14152152.jpg
a0293308_14154370.jpg

[PR]
by urochiiko | 2014-06-03 07:27 | 日記


<< ミッシェル・グロ、ブルゴーニュ... ルイ・ジャド、コトー・ブルギニ... >>