ミッシェル・グロ、ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ2009

何度も掲載しているから、今回も詳細は省略。

ミッシェル・グロについては、『ミッシェル・グロと一族』『ミッシェル・グロに会う』をご参照頂ければ幸いです。

クラシカルで安定した酒質にいつも納得する。

たまに、ミッシェル・グロのクロ・ヴージョ(グラン・モーペルテュイ)やヴォーヌ・ロマネ、クロ・デ・レアを飲みたくなるが、ブルゴーニュもしくはオート・コート・ド・ニュイのどちらかを飲むとミッシェル・グロのワインに共通する香があるから踏みとどまる(笑)

もし、ミッシェル・グロのフラッグシップワインを飲むのなら
クロ・デ・レアは若い内からグラン・クリュに匹敵する要素を見せているが10年近くは置かないと真価は発揮しないだろう。
クロ・ヴージョ(グラン・モーペルテュイ)は15年以上かかると思う。
この期間きちんと低温で管理出来る方はプリムールで買って、その時まで待つのがベスト。

しかし、低温で管理が出来ないのであれば数年で劣化してしまうし、何より人間の嗜好性は変わってしまうからあまりプリムール買いはオススメしない。

a0293308_928322.jpg
a0293308_9282611.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-08-03 08:07 | 日記


<< セレクション・バリカ112 ホーグシャルドネ >>