アルザス、フィリップ・ボーレル、ピノブラン2011

何度か紹介しているから、生産者情報は割愛。

手頃な価格で入手出来るアルザスワインとしてお気に入り。

購入価格は千円前半のワインに大きな期待をしてもいけないが、このワインの良いところは翌日飲んでもヘタリが少ない。

ニューワールド系にある果実味がありアルコール度数も13度を超えて15度近いものならまだしも、アルザスで翌日飲んでも…は嬉しい誤算。

J.M先輩から頂いたアルザスワインのレオン・マンバックには到底かなわないが価格を考えたら納得のワイン。

現在、自宅に同じワインがあと5本ある。
夏の暑い時期はスティルのお気に入り白ワインになる事、間違いないだろう。

これは辛口ワインだが、どことなくホッとするワインだからY.Sさんも気に入るかもしれない。
と、勝手に思っている(笑)


合わせた食事は生ハムとブラックオリーブのピザ。

a0293308_15263520.jpg
a0293308_15275947.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-07-22 08:03 | 日記


<< ちょっとお出かけ! ドメーヌ・カミュ >>