芝エビのトマトパスタ

魚屋さんで佐賀県産の芝エビがあったので購入。
芝エビは殻も柔らかく殻付きのまま料理ができる。

当たり前の事を書くが、簡単な下ごしらえ。
①殻の間に串を刺してから背ワタを取る
②髭のような長い物を取る
③頭と尻尾の鋭利な部分を取り除く
後は用途にあわせて炒めるのか?ブイヨン等の下味をつけてボイルする。

パスタにする場合はペスカトーレと同様に炒めるのがベスト。頭部からの出汁とコクが出てます。

さて、出来上がりはこれ
トマトソースはイタリアントマトにペルセイロットと塩にオリーブオイルを入れて少々煮詰める。

芝エビは塩コショウしてガーリックを少々入れオリーブオイルで炒めて唐辛子入りオリーブオイルで香を出す。
とっても簡単パスタ。
Y.Sさんにもオススメします。
a0293308_9572786.jpg

a0293308_1022911.jpg


使用したものを一部公開します。
(資料の一部はインポーターより提供)

ラ·ファブリカ·デッラ・パスタ。
カンパーニャ州グラニャーノにて、3 世代に渡り家族経営でパスタを作り続け、高品質なパスタを作るため、る小規模少量生産の メーカー。
イタリア産の最高のセモリナ粉を原料とし作っている。
かなり太めのパスタでモッチリしている。
a0293308_452172.jpg


PLANETA社オリーブオイル
シチリアで300年前からオリーブを栽培している。
世界中から注目されたのは1996年以降ワインの生産も自社で醸造するようになってから。
プラネタ社は300ヘクタール以上所有しシチリアの気候と土壌にふさわしいオリーブと葡萄を作り、協同組合に出荷していた。
1995年にワイナリー設立以降イタリア国内外でワインの造り手として成功を収め、またオリーブオイルについても高品質な品種を栽培している。

プラネタのワインについてはいずれ書くとして・・・
オリーブオイルは、まだオリーブが若いうちに手摘みで収穫し実が傷むのを避けるため畑のすぐ横に工場が設置され、コールドプレス製法で製造。
原産地統制法の上位D.O.Pに合致する貴重品。
原産地統制法はI.G.TとD.O.Pと合わせてもイタリアで生産されるオリーブオイルの2%しかない。

a0293308_9584712.jpg



FATTORIA MONTESCUDIERO社(モンテスキューディエロ社)
イタリアの先端カラブリア州で造られる唐辛子はAMANDOという品種で、果肉のアロマ、味覚が濃厚な特性をもっている。8~10月に収穫し、加工するまで塩漬け保存。
EXV.オリーブオイルはカラブリア特産のオリーブ品種CAROLEAを主体にして搾られた有機オイルで、ペペロンチーノとの調和を考え、熟成した果実のオイルを使用している。
若い実から搾られたオリーブオイルは緑の香りが強くオリーブオイルの旨みはあるが唐辛子の香り、味覚を引き立たせるため。
生産社FATTORIA MONTESCUDIEROはカラブリアの東、チロに社屋と工場を置きオリーブオイル、唐辛子製品をはじめオリーブの実、ジャム、パスタなどを生産している。
BIO(EU有機農法認証)
ICEA(イタリア有機農法認証)
a0293308_1041715.jpg

a0293308_9592546.jpg
a0293308_9595229.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-06-15 08:00 | 日記


<< ボデガス・パラ・ヒメネス、 シ... バジルを育てよう! >>