ホンダ、2015年よりフォーミュラーワン復帰

ホンダの伊東社長は2013年5月16日、自動車レースの最高峰フォーミュラ―・ワン(F1)に
2015年より復帰することを正式に発表した。

レース車に用いられる技術を量産車にも波及させ、環境技術の進化を加速させる。同社は世界同時不況を受けて2008年に撤退したものの、2015年からイギリスのレーシングコンストラクター、マクラーレンへエンジンとエネルギー回生システムを供給する形で再び参戦する。


F1では2014年から車両の規格が変更され、小排気量のターボエンジンやエネルギー回生システムなど、市販車にも使える環境技術が採用される。会見した伊東孝紳社長は「レース車から市販車へ、市販車からレース車へ技術のフィードバックができるようになる」と述べ、技術開発の加速に期待を示した。再参戦については取締役会でも全会一致で承認されたという。


ホンダのF1への歩みを簡単に書く。
【以下の内容についてはいくつかの文献を参考にしている】

第一期 (1964年~1968年)
1962年に本田宗一郎がF1参戦を発表。1964年既存チームへエンジン供給を計画していたがうまくいかずシャーシを自社開発しフルコンストラクターとしての参戦を決めた。

翌1965年第10戦メキシコGPでリッチー・ギンサーが念願の初優勝を果たす。

1967年には1964年のワールドチャンピオンジョン・サーティースがチームに加入した。

1968年にはドライバーが炎上死する悲劇に見舞われ、またホンダ本社も市販車の公害対策など急務になり撤退を決める。


第二期  (1983年~1992年)
1983年にスピリットチームにエンジンを供給しF1へ復帰。
その年の最終戦からウィリアムズへのV型6気筒ターボエンジンの供給を開始した。
1984年の第9戦アメリカGPでケケ・ロズベルグのドライブにより復帰後初優勝。

1986年と1987年にはコンストラクターズ・タイトル、1987年にはネルソン・ピケがドライバーズ・タイトルを獲得。

1987年にロータスから日本人初のフルタイムドライバーとして中嶋悟がデビューする。

1988年にホンダエンジンを搭載したマクラーレンが16戦15勝しアイルトン・セナがチャンピオンになる。

1989年はマクラーレンにNAエンジンのV型10気筒エンジンを供給しアラン・プロストがチャンピオンになる。

1991年にマクラーレンMP4/6には、V型12気筒エンジンRA121Eが搭載された。

1992年に本田技研工業の新車販売不振を理由に撤退。
1983年~1992年の第2期F1活動は通算69勝をあげた。


第三期 (2000年~2008年)
第2期活動の終盤、有志の業務外活動によりリサーチカーの試作が行われた。
1991年末にはV12エンジンを搭載するRC-F1 1.0X、1992年にはモノコックを新造したRC-F1 1.5Xがテスト走行を行った。
1996年にも、ステップドボトム仕様のRC-F1 2.0X(無限ホンダV10搭載)が製作された。
a0293308_19404132.jpg


1998年には当時本田技研工業の社長(当時)川本信彦よりシャシー製造を含めたワークス参戦が発表され、その後イギリスにホンダ・レーシング・ディベロップメント (HRD) を設立し参戦準備を進めた。
1999年にテスト走行の準備が進んだ矢先、当時テクニカルディレクターが病死してしまい今後の運営が困難になる。
またホンダ社内に根強く残る慎重論などを背景に、結局ホンダはフルワークスによる参戦を断念。


エンジンサプライヤーとしての復帰する。
2000年に、B・A・Rへエンジン供給と車体の共同開発を行いF1に復帰。

2001年と2002年にはジョーダンにもエンジン供給。

2004年末にはチームの株式45%を取得し、共同経営に乗り出した。

フルコンストラクターとしての参戦再開 。
2007年よりタバコ広告が全グランプリで禁止されることにともない、B・A・Rチームのメインスポンサーであるブリティッシュ・アメリカン・タバコ (BAT) が2006年限りで撤退することが決まりホンダはBATが保有する残り株式を取得。

38年ぶりに純ホンダワークスチームとして参戦することを決めた。

鈴木亜久里が新たに立ち上げたスーパーアグリにエンジンを供給。
第13戦ハンガリーGPでジェンソン・バトンが優勝し第3期参戦としての初優勝。


ロス・ブラウンをチーム代表に迎え2008年がスタート。

2008年シーズン終了後、12月5日、ホンダ社長(当時)福井威夫が緊急記者会見を行い、2009年以降F1世界選手権シリーズから撤退する方針を発表した。
撤退の理由として、サブプライムローン問題に端を発した金融危機による業績の悪化に伴って、レーシングチームの維持費負担がホンダの経営を圧迫する恐れがあるため、経営資源の効率的な再配分が必要であることが挙げられた。

ホンダはチームを解散せず、新オーナーへの売却によりF1参戦を継続することを目指し2009年3月6日、チーム代表であったロス・ブラウンに全株式を売却したことが発表された。
新チーム名はブラウンGP F1チーム。
株式売却額が1ポンド(147円)と報道される。

そして、第四期活動に向けて動き出した。
[PR]
by urochiiko | 2013-05-17 07:40 | 日記


<< ミートソースを作る(その2) フォーミュラ・ワンチームの歴史② >>