ワインの価格

知り合いの方からたまに質問があるのは、千円のワインはどんな品質か?何千円か出せばワインは美味しいのか?
これ結構困ります(汗)

特に普段仲良しでたまにワイン飲む方から、私にどんなワインが良いか聞きに来る。
こういった場合は出来るだけわかりやすく…
例えば、甘口が好みならドイツの白ワインで裏ラベルに『甘口』と書いてあるもの。
低価格で辛口が好みならチリやオーストラリア、南アフリカのワイン。
大概外していないと思います。

あとは、紙パックに入ったワイン。このワインに否定的なものは一切無いが飲んだ事が無いのでわかりません…。


そして、価格帯について
これはワインを飲み慣れていない場合にとっても困る。
何千円のワインは美味しいの?
千円のワインと五千円のワインは何が違うの?
ちなみに価格が5倍違っても5倍の品質差はない。
葡萄の品種、造る場所に生産者の方向性…
そのような会話は無理…
大抵、過去に飲んだワインの印象を聞いてそれに近いワインを紹介する。

また、嗜好性について把握されている方はある程度ワインをしぼって紹介できるし、価格帯以上の中身を欲しがる方だともっと具体的に会話ができる。

話を要約すれば、ワインの嗜好性は漠然とした会話からは選べない。
万人が美味しいと思うワインは無いから。

何より飲んでみなければわからないから厄介だ。

ワインを探す時に価格帯以上の中身をうまく探す事が出来る方。
それは、選球眼がすぐれている方です。

a0293308_8185562.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-07-11 08:01 | 日記


<< タイヤの事 かつお >>