3月25日のスキーとワイン

スキーは2週間ぶり
前回もゲレンデでは一部ブッシュが出始めていた。
あれから暖かい日が続き、まとまった降雪はない。

私の住むエリアは桜が開花し満開になっている。

そのような状況の為、標高が低く日当たりの良い斜面は雪が解けてしまっていた。

我々がスキーシーズン券を持っているスキー場は横から雪を集めてブッシュが出たのを覆っている。

前回に続き重心軸、乗り込むポイント、強いエッジングに谷足にはいる先行動作。
これを有資格者のH氏と行った。

また、この日は午後から地元のクロスカントリー部の小学生と中学生がゲレンデでかっ飛ばしていた。
クロスカントリーの板で斜面をコントロールするのは至難の業。
前傾になればかかとが上がって前転してしまうし、後傾で維持するにもここはゲレンデで斜度がある。
ちなみに、一般スキー&スノーボーダーより早く降りていた事を補足する。
a0293308_6325355.jpg



本日のディナーに合わせたワインはルイ・ラトゥール、ピュリニー・モンラッシェ・プルミエクリュ1999
まだ固さはあるが、芳香でミネラリー、そしてしっかり酸がある。
流石の出来だ。
少し気になったのは、グラスにつくグラが弱かった。もしかしたら、これ以上には熟成しないのか?
a0293308_625351.jpg
a0293308_6261034.jpg
a0293308_6264155.jpg


また、夕方から夜半にかけて天候が急変して吹雪になった。
細かな雪が降ったが強風で舞ってしまい降雪はほとんどない。

a0293308_6272733.jpg
a0293308_62885.jpg
a0293308_6285764.jpg
a0293308_629376.jpg
a0293308_630169.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-03-26 07:30 | 日記


<< スキー滑走19日目と26日のワイン スキー滑走18日目 >>