納谷 悟朗氏 死去

アニメ「ルパン三世」シリーズの銭形警部役で知られる声優で俳優の納谷悟朗(なや・ごろう)氏が2013年3月5日午前3時、慢性呼吸不全のため自宅で死去した。83歳。

初代・ルパンの声を担当した山田康雄氏は1995年3月19日、脳出血のため都内の病院で死去(享年62)
あれから18年の歳月が流れた。

私は幼少の頃からアニメはあまり興味が無かったが、ルパン三世だけは別格だった。
1970年代から1980年代前半はまだ一般家庭で海外に出ることは少ない時代であった。
そんな時代に海外の事が良く出てくる。ニース、モナコ、ラスベガス・・・。
見方は様々だがルパンのアニメにはその海外の事など夢を感じて見ていた。

そして、ルパン三世は血が流れるコマはほとんどない。
それは、山田康雄氏が戦争を経験しているからだそうで、その要望を製作側も酌んでいる。

初代・ルパン三世の声優達は古きよき時代を開拓した人たちだから、その人情も厚く山田康雄氏が亡くなった後クリント・イーストウッドの吹き替えは納谷悟朗(銭形警部の声)・小林清志(次元の声)・野沢那智が後任として支えた。

このように、古きよき友が一人の俳優の吹き替えに何人も支えるのはとても稀なことである。
なぜなら、声優の声が変わればその映画の見方や俳優への思いも変わってしまうから。

それでも、古きよき友は3人で後任として支えた思いがとてもわかる。

私の大好きな初代ルパン、そして銭形警部ありがとう
a0293308_7541287.jpg
a0293308_7542798.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-03-15 07:50 | 日記


<< ニコルス・ワイナリー スキー滑走17日目 >>