氷見の寒ブリ②

氷見の寒ブリは以前ここで書いた。

今回は別の魚屋さんではあるが氷見の寒ブリが販売されていた。

氷見の寒ブリはその海水温度や荒波の日本海でもまれて身が脂がのっているがプリップリにしまっているのが特徴。
そして、氷見の寒ブリを名乗れるのは体調10キロ以上らしい。

今回は照り焼きにして食べた。

携帯電話のカメラから撮っているからイマイチかもしれないが、身のしまりと艶やかな焼き上がりはより美味しく感じさせるもの。

a0293308_17342339.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-02-11 08:01 | 日記


<< お気に入りスパークリングが到着... 素晴らしいサービス >>