たまには日本酒

この日本酒はいつもスキーの帰りに利用する地元の酒屋さん。

創業は江戸時代からと店主に教えてもらった。
代々あるこの建物が不慮な事で建替えされてしまったが、扱う商品のポリシーは変わっていない。

このブログを見る方で日本酒も飲むのか?と思った方へ
『ハイ飲みます!』

但し、買うならある程度絞っている。
それは、生産方法である。
通常、日本酒は瓶詰め後商品が安定して飲まれるように熱処理(火入れ)をしている。

私が買うのはこの火入れをしていない生原酒。
よって、購入時に冬以外は冷蔵で持ち帰る環境が無いと販売してくれない。

この生原酒についての議論はあるだろうが、実際のむと生原酒ならではのフルーティな香りがたまらない。
毎回店主と相談してオススメの一本を用意してくれる。

実は、これを買ったのはスキー初滑りの時であった。
a0293308_8164722.jpg


合わせた、おつまみはこれ!

魚屋さんで地元佐島の生わかめが売っていた。
湯通しして綺麗に色が変わった! ポイントは湯通しをしし過ぎないことで茎の部分と湯通しを分けると完璧。
大根おろしとシラスを合わせて美味しく頂きました。
a0293308_8194144.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-02-02 08:15 | 日記


<< ミル貝とカヴァ(カンパッソス) 雪の楽しみ方 >>