1月14日のワイン ドメーヌ・クロード・ピシャール2004

新春セットワインで入荷した1本で到着時の記事はここ

ロワール地方のアンジュ地区で造られる。
品種は樹齢75年からなるグロロ。
記憶の範囲ではグロロを飲むのは初めてかもしれない。

ワインは、ビオで造られるがビオ臭はしない。
ビオ特有の硬さのあるワインで非常にクラシカルで良くできている。

少し還元香が残っているがほとんど気にならない。
どの品種に似ているような要素は無いが実直でとても好感が持てる。

これはグロロの品種よりも作り手の力量に感じた。
このワインは到着時の記事で価格設定が高い事を書いた。
実際飲んだ感想からすると販売価格で¥3000~¥4000の品質はある。
あとは、地域や生産者に品種のネームバリューであろう。

とても寒い日でグラタンと合わせた。
a0293308_624829.jpg
a0293308_631041.jpg
a0293308_633120.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-01-15 08:00 | 日記


<< 先日のワイン カーヴ・ド・バイ... ブルゴーニュでコランと名のつくワイン >>