それぞれの対応(H先生のぼやき)

H先生からたまに突っ込みが入る。
下記はその一例の対応である。

例えばワインを購入する時に実店舗でスタッフと会話をしていると…私にずいぶん丁寧に教えてくれたり、オススメしないと正直に話してくれる。

いつも利用するリゾートホテルをH先生が予約をとった際に普通にH先生がチェックインの手続きをして私が荷物を持って入ると…ホテルのスタッフが私を見て『あっ○○様でしたか!お部屋をグレードアップさせて頂きます』と言って急に部屋がジュニアスウィートになった。
それ以来H先生は自分で予約しなくなった(笑)

また、レストランでワインを抜栓後はある程度セルフでグラスに注ぐパターンがあるが私のテーブルは常にフルサービスだったりする。

これには全て共通点があって『複数回利用』しているから。
やはり相手も親しみがあるし、そういった対応をしてくれる所はまた利用する。

こんな事もあった。
オールドヴィンテージのワインをインターネットで注文した。たまたまH先生もそのワインを先に注文していた。
他に同梱するワインがあったから到着日も同じ偶然で私はいつも通りワインを受け取った。
H先生からメールが来て、代替品が来たでしょ?っと…
どうやらH先生に販売店の在庫表示に誤りがあって販売店よりお詫びと代替ヴィンテージが届き気に入らない場合用に着払いの伝票がついていたそうだ。
H先生に注文したワインがきちんと来たとメールで返信したら『俺の注文が早かったよね?』
っとぼやきが…

これは、たまたまそうなってしまったのだろう。(たぶん)


先日もH先生はカリフォルニアワインに並々ならぬ情熱を持った販売店にワインを取りに行ったら、私がいなかったから?存在に気が付かれなかった…っと。

では、逆のパターンはあるか?と言うと…ほとんど無い(笑)

これは想像の世界だが、Y.Gさんはいつも上記以上だと思う(笑)
それは、Y.Gさんを知っている方なら納得だろう!
a0293308_10132690.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-01-05 08:00 | 日記


<< 2013年の抱負 甥っ子と楽しむ② >>