アルゼンチンワインのお気に入り クリオス・トロンテス

アルゼンチンも素晴らしいワインをいくつも作っている。

ワインを作る上で樽使いを強くしていた頃はトラピチェ社のオークカスク・シャルドネがお気に入りだった。
もう20年近く前になると思う。有名批評家が各国のワインを試飲して素晴らしいワインを発表する機会の一つにこのトラピチェ社、オークカスク・シャルドネが一番素晴らしいワインとして紹介された。
批評家とテイスターはそのワインがブルゴーニュのムルソーのようだとコメントをした後に価格が15ドルと発表があり一同がその価格のリーズナブルな事にも驚いていた。

ちなみに、現在のトラピチェ社、オークカスク・シャルドネは時代の流れで樽香を極力でない方向に軌道修正されている。
もし飲んだ事が無い方は飲んでみるのも良いと思う。もし、樽使いを強くしていたワインを持っている方は現在素晴らしい熟成状態だろう。
私は3年前に1995年のワインを飲んだが完璧な熟成状態だった。

そして、現在のアルゼンチンワインでお気に入りはアルゼンチンの地品種トロンテス。
添付画像のクリオス・トロンテスは独特の香が綺麗にでている。
標高1700メートルの地で栽培される葡萄は細い線ながら芯のあるもので綺麗なワイン。

このワインは熟成はしないのでフレッシュな状態で早めの消費を勧める。

クリオスとは子供たちの意
アルゼンチンワイン協会会長でありこのワインメーカーをする女性の案で彼女の手と二人の子供の手がエチケットに書かれている。

(添付画像、トラピチェ社オークカスク・シャルドネ)
a0293308_16184576.jpg


(添付画像、Dominio del Plata社クリオス・トロンテス)
a0293308_1620794.jpg

[PR]
by urochiiko | 2013-03-07 08:03 | 日記


<< ミッシェル・グロに会う ドメーヌ・ポール・ペルノ ボー... >>