ロバートを引き継ぐワイン

a0293308_20253710.jpg

a0293308_20253782.jpg

以前カリフォルニアワインについて書いた時に少し触れた。
ロバート・モンダヴィの息子ティムを中心にワインを造っている。
コンティニアム(継承するもの、などの意)

カリフォルニアのカベルネ・ソーヴィニオンならオークヴィル産が素晴らしいのはご存知だろう。
買い付ける葡萄もそのオークヴィルからの比率が上がっていている。

ティムはこのコンティニアムのみを造っている。
3年前に2007ヴィンテージを購入しようとしたら販売店は完売。
よって、インポーターにお願いして購入した。

モンダヴィ一族のティムとマルシアが造りエチケット(ラベル)はマルシアの娘キアラが夕日に映えた樹を書いたもの。

近年、ロバートの孫もワインを造りはじめているがロバートの血筋はこのコンティニアムだと思っている。
最新ヴィンテージは飲んでいないが非常に良いらしい。

2007年は頭の毛先から鳥肌の立つ素晴らしいワインだった。

このワインはいつもお世話になっている場所に持ち込みをしてサービスをしてもらった。
私のテーブルについてくれたギャルソンはかなり興味津々だったのでグラス一杯分を残して食事を後にした。
すると次回そこに寄った際にそのギャルソンは私のテーブル担当ではなかったが挨拶に来てくれた。
『あのコンティニアムはおっしゃる通り頭の毛先から鳥肌が立つ素晴らしいワインだったので2008年のを買いました』と笑顔で話していた。

非常に高価なワインだが、飲む価値は十分にある素晴らしいワイン。
[PR]
by urochiiko | 2012-12-27 08:00 | 日記


<< 12月27日のワイン カーヴ・... ロバート・モンダヴィの功績 >>