ワインセラーは必要か?

日本の気象条件では夏場の温度と住宅の密閉性が上がった事により、ワインの保管には向かない。
デイリーワインを数ヶ月のうちに消費するなら問題ないが、高価なワインを持っていたり月間の消費量が多い場合は持っていた方が無難だろう。
ただし、個人的にセラーの目的は長い年月熟成させるのは向かないと思っている。それは電化製品だから少なからず振動がある。
これが未知数なのだ。
そして、故障した事に気付かず大半のワインをダメにしてしまった方もいる。
よって、夏場を乗り切る位に思うのが一般的だ。

もし、長期熟成させたいなら高価なワインセラーを買う事をオススメする。
それでも故障のリスクは避けられないが…
ちなみに、私は32本入のセラーを持っているが150本以上は常温のままになっている。
出来ればセラーを追加したいが、色々訳あってそうもいかない…。
セラーを追加するともっと在庫が増えてしまいそうだし…(笑)

最近セラーを買ったH先生(先生は通常のさんと同じ)は某国産メーカーのセラーを買ったそうだ。
その収納されたワインはラップを巻いて新聞紙に包まれているそうだ。
さすが几帳面なH先生!と思ったら新聞紙には包んでいないとH先生より連絡が入った(笑)

また、Y.Gさんは以前から家庭用ワインセラーをお持ちだそうだ。
確か、家電販売店で購入した際に不幸にも初期不良にあってしまったらしい。
そして購入店の対応は即上位機種への交換をしたと話していた。
さっすが、Y.Gさん!
普通ならそこまでしなかったと思いますよ(爆)
Y.Gさんへ、もし訂正箇所がありましたら教えて下さい。
如何様にでも訂正させて頂きます(笑)

話を戻すが、良いワインを夏場保存するならセラーは必要だと思う。
しかしデイリーワインを冷やすなら冷蔵庫で十分。



a0293308_13164283.jpg


[PR]
by urochiiko | 2012-12-10 08:00 | 日記


<< 12月10日のワイン M. シ... スキー滑走二日目はいつか? >>