11/6のワイン グロリア・フェラー社・カーネロス、ブラン・ド・ノワール

久しぶりにカリフォルニア産のスパークリングワインを飲んだ。
7年ほど前に住んでいた場所では、このワインを販売する店舗が近くにあり、このワインも含め、ずいぶんお世話になった。
この画像を見ただけで輸入元がわかる方は、かなりワインに詳しいですね!

あまりこのワイナリーの基礎データーを持ち合わせていない。

グロリア・フェラー社のカーネロス産ブラン・ド・ノワールを使用。
ブラン・ド・ノワールとは黒葡萄のみを使用した事を意味し、ブラン・ド・ブランは白葡萄から造られる。

まず、どこの店舗に行ってもカーネロス産を見かけるのが少ない。
なぜなんだろう?
私自身は、アケイシア、ピノノワール・カーネロス1996を持っているしカーネロスは好きなワインがあるのだが・・・。

さて、ワインは
黒葡萄から造られた結果、淡いピンク色で飲み応えのあるワイン。
恐らく、ロゼのような色の抽出はしていないと思う。それは、色の抽出をすると独特の渋みがわずかながらにでるがそれを感じない。
飲み応えも黒葡萄らしいもので過度な重量級ではない。

泡もきめ細かでフレッシュなものだった。

これって、現地でいくら位なんだろうか?

私が、7年前に購入したときは¥1580だったと思う。現在は¥1780で販売されている。
他にも通常のブリュットなどある。

カリフォルニアのスパークリングワインでおススメの一つ。

a0293308_611739.jpg

[PR]
by urochiiko | 2012-11-07 08:00 | 日記


<< ノンヴィンテージスパークリングワイン 11/5のワイン ドメーヌ、ル... >>