11/5のワイン ドメーヌ、ルイ・フルーロ・ブルゴーニュ2009

ドメーヌ、ルイ・フルーロ
ブルゴーニュのニュイ・サンジョルジュ村に本拠地を構える小規模ながら上質なワインを造る生産者。
以前から日本に輸入されていたがほとんど見かけることが無い。

今回縁があって、このドメーヌワインを買った。

生産者情報としては、基本自分達でできることは自分達でやる!がモットーのようだ。
例えば、熟成用の樽は自分達で組上げるし自家消費用の家畜も飼っている。

購入店は社長自ら何度かドメーヌに行っており国内正規輸入元のラインナップには無いニュイ・サンジョルジュ、ザルジラ・ルージュを唯一販売している。

店舗に行った際もスタッフ(社長のお嬢さん)からザルジラを勧められたが他にも購入商品があり予算の関係上ブルゴーニュを選択した。

さてワインはどうか?

これは、ニュイ・サンジョルジュ特有の大地の香りがする。
こういった謳い文句は大嫌いだが、実際ワインはそうだし素晴らしい。

なかでもこれは良くできている。
ザルジラは飲んでいないが想像がつく素晴らしいブルゴーニュワイン。

改めて言います。
美味しいワインは一切コメントしません!
だって美味しい以外に細かいコメントは不要だから
(笑)

*このワインは代替コルクを使用していた。

a0293308_1923010.jpg

[PR]
by urochiiko | 2012-11-06 08:05 | 日記


<< 11/6のワイン グロリア・フ... 11/5車のこと >>