10月24日のワイン ジャン・クロード・テヴネ、ブルゴーニュ・ピノノワール2008

体調はだいぶ回復して、ワインも普通に飲めるようになってきた。
こうなると、スパークリングか?ピノノワールが飲みたくなる(笑)

そこで病み上がりのため、軽めのピノノワールを飲んだ。

生産者はジャン・クロード・テヴネ。ドメーヌなのか?ネゴスか?も
わからない。
以前ネットで直輸入をしている会社のネット店舗として紹介した所で
販売している。

なにせ、ブルゴーニュのピノが¥1,200(税込)だから過度な期待は
してはいけない。
しかし、ある程度のレベルは求めてしまうのが人間の心だ。

さて、ピュアな香りが支配するやさしい味わい。
この価格で十分のレベル。

このブログを見た方は、それじゃあわからない!と思うので具体的に!

過去に飲んだブルゴーニュピノで近いのは、メゾン・ケルランとルペ・ショーレ
は同じ系統だと思う。
それでもわからない場合は、ご自身で飲んでください(爆)

価格からしておススメ
a0293308_18371540.jpg

[PR]
by urochiiko | 2012-10-26 08:00 | 日記


<< 10月25日のワイン ロベール... ポイヤック村のワイン >>